【編集部厳選】複雑機構を搭載したクラファン発の高コスパウオッチ3選!

 時計愛好家にとって複雑機構を搭載した時計というのは、憧れの象徴だろう。しかし、トゥールビヨンやムーンフェイズなどの複雑機構を搭載した時計は数百万円を超えるものも多く、なかなか現実的な価格とは言い難い。だが、ここ最近は時計製造技術の向上や、中国などのムーヴメントメーカーの台頭によって、品質は確保しながらも、カジュアルな価格帯で複雑機構を実現する時計メーカーが続々と誕生している。
 とくに、クラウドファンディング上では、様々なメーカーがプロジェクトを公開し、新しい時計を世に送り出しているのだ。
 しかし、細かなディテールやデザイン、機能などの部分で疑問が残る作りの時計が多いのも事実である。一方で、価格以上のクオリティーを実現している時計メーカーも存在する。
 そこで、クラウドファンディングサイト上で現在購入できる複雑機構搭載の時計のなかから、コストパフォーマンスに優れたものを編集部が厳選し紹介する。今回は3モデル紹介するため、予算や好みに合わせてクラウドファンディングを利用する際の参考としてもらいたい。

【クリスタルガラスケースのなかで時を刻むトゥールビヨンが美しい】
ZEROO
T5 フルスケルトン トゥールビヨン ジ アーチャー クリスタル

■Ref.ZT005CSW。SS &クリスタルガラス(42mm径)。3気圧防水。手巻き(Cal.ZT03)36万6800円(超早割適用で48%オフの21万8000円)

 透明なクリスタルで出来たケーストップに、トゥールビヨンが納められたインパクトのあるデザインが特徴のモデル。正面からだけでなく、側面、裏ブタからもトゥールビヨンの繊細な動きが堪能できる意欲作だ。
 スケルトントゥールビヨンモデルにこだわってきた、ゼロだからこそ出来た、まさにコストパフォーマンス抜群のモデルと言えるだろう。
 ぷっくりとしたドーム型風防を採用しているのも見逃せないポイントだ。


URL https://www.makuake.com/project/zeroo-t5-full-skeleton

【問い合わせ先】
ゼロタイム
TEL:050-3656-4608

【ドイツブランドらしい高品質ながら手ごろな価格のトゥールビヨン】
WALDHOFF
ウルトラマティックシリーズ ダイヤモンド シルバー


■SS(42.5mm径)。日常生活防水。手巻き(Cal. Peacock 5212 Co-Axial Tourbillon)。25万4000円(超早割適用で28%オフの18万2880円)

 文字盤にローマインデックスを配したクラシックなデザインをベースにしつつ、立体的なデザインを採用することで現代的な雰囲気と高級感を強調。6時位置のトゥールビヨンを囲むフレームを最上段にして、3時位置と9時位置のサブダイアル、12時位置の放射状装飾の順に高さを変えたレイヤード構造を採用し、トゥールビヨンの造形を際立たせているのが面白い。パーツの作りの良さに加え、デザインにもドイツブランドならではのこだわりが光る。

URL https://camp-fire.jp/projects/view/394609list=search_result_projects_popular

【問い合わせ先】
トライディア
MAIL:info@tridia.co.jp(※問い合わせはメールにて対応)
URL https://waldhoff-japan.com/ultramatic/

【パノラマムーンフェイズがユニークな魅力を醸し出す】
AGELOCER
アストロノーマー フルムーン フェイズ


■Ref.6406A-SIBL。SS(40mm径)。5気圧防水。自動巻き(Cal.A4610)。13万円(早割適用で38%オフの8万5000円)

 ムーンフェイズの伝統的な小窓をあえて文字盤全体に拡張することで、新しい魅力を再考した意欲作。立体的な月が浮かぶのは、夜空に輝く満天の星のように輝くアベンチュリン文字盤。月と星空のコントラストがより一層デザイン性に深みを持たせている。
 複雑機構であるムーンフェイズを搭載しながらも、優れた効率性と耐久性を備えている。テンプ受けを片側のみのブリッジ固定から両側ともブリッジ固定にするように改良することでテンプはより安定し、高い精度を実現した。

URL https://www.makuake.com/project/agelcoer

【問合せ先】
アライス合同会社
MAIL:info@aris-llc.com

 このように、クラウドファンディングには複雑機構を搭載したコストパフォーマンスに優れた時計が存在するため、気になる人は一度チェックしてみてはいかがだろうか。

構成、文◎川田健人(編集部)

オススメ記事

  1. 【コラボモデル再考】藤原ヒロシとウオッチメーカーのコラボレーションはど…

  2. 【機械式時計の魅力を堪能できる手巻きスケルトンウオッチ】ロベルト カヴ…

  3. 【編集部大注目!】オーダーメイドのレザーベルトで時計の新たな魅力を引き…

  4. 【セイコーやジンも!】時計界大注目のカラーを採用した「20万円台」まで…

  5. 【なんと世界限定8本】“モリッツ・グロスマン”ハマティックシリーズに、…

  6. 【2022年新作時計速報】H.モーザー|伝統技術を現代的にアップデート…

  7.  新作時計を価格別に紹介!【100万円オーバー】

  8. 【2022年新作時計速報】ウブロ|スクエア形状の“スクエア・バン・ウニ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計