【実機レビュー】10万円以下のラグスポ系モデル、ティソ(TISSOT)のティソPRXオートマティック

 時計界でトレンドのひとつなっている“ラグジュアリースポーツウオッチ”。近年はその解釈もより幅広いものとなっており、本来の定義(貴金属ではないステンレススールを採用しつつ、コストをかけて高品質な外装を突き詰めることで高級時計並みの付加価値を実現したスポーツウオッチ)とは異なり、ロイヤルオークやノーチラスのアイコンとなっているケースとブレスレットに一体感をもたせたフォルム自体が “ラグスポ”を象徴するデザインとして定着。

 手頃な価格帯からも、この“ラグスポ系デザイン”を採用するモデルがいくつも登場している。今回はそんな“ラグスポ系”のモデルのなかから、ティソ PRX オートマティックに焦点を当てて、実機レビューを実施していく。


 なお、ここで紹介した“ラグスポ系”モデルは、TIMEGear(タイムギア)の公式YouTubeチャンネルで、本日(2月4日)の19時から実機レビュー動画が公開されているのでそちらもチェックしてみて欲しい。

【タイムギア公式YouTubeチャンネル】


【今回の実機レビューモデル】


ティソ(TISSOT)
ティソ PRX オートマティック
■Material.:316Lステンレススチール&ブレス(サファイアクリスタル風防)
■Size:40mm、ラグの上下約39.5mm、厚さ10.9mm、ラグ幅12mm、重量138g
■Waterproof:10気圧防水
■Movement:自動巻き(POWERMATIC 80.111)
■Price:8万2500円


【ティソ(TISSOT)のブランド紹介】

 1953年にスイスのル・ロックルで創設された時計ブランド。過去の名作をベースにしたヘリテージコレクションから、300m防水のシースター1000をラインナップするスポーツコレクションのほか、99年に世界初のタッチパネル式ウォッチとして誕生したT-タッチなど、多彩なモデルを展開。手の届く価格帯で高品質な時計をラインナップしているのが特徴といえる。

 今回の紹介するのは、78年のオリジナルモデルをアッデートして蘇らせた“ティソ PRX オートマティック”。“PR”とは“Precise and Robust(高精度かつ堅牢)”の頭文字で、これに続く“X”は10気圧防水を意味する。

 10.9mm厚の薄型ながら、エッジを際立たせた直線的で薄型のフォルムがシャープで現代的な印象を醸し出す。エッジを立たせてソリッド感を強調したケースフォルムは、そのモデル名にふさわしい力強さとスタイリッシュさを兼ね備えている。


【外装について】


 細く薄いプレーンなデザインのベゼルだが、メダルケースとの高低差を付けた立体感のある造形に仕上げることで存在感は強い。ヘアラインをベースにしたミドルケースと対比させるように鏡面に仕上げているのも程よいアクセントとなっている。


 ブレスレットは凸型を連ねた1コマ構成。エッジを際立たせた直線的で薄型のフォルムがシャープで現代的な印象。凸型のコマの先端の面取り部分だけ鏡面にして、ほかをヘアラインに仕上げているのもポイントだ。


 実際は10.9mmだがミドルケースを4mmから6mmに仕立てて、スリムに見える効果を高めている。メリハリの効果も良好。面取りのエッジ感も良好。


【文字盤のデザインについて】


 クォーツはヘアラインかサンレイ。自動巻きは、エンボスド・チェッカード・ダイアルパターンで立体的な質感と高級感をプラス。デイトにフレームを設けているのもポイント(クォーツ仕様にはない)。針も立体的。


【ムーヴメントについて】


 POWERMATIC 80.111。緩急針を取り払って偏心スクリュー付きテンワを使用したフリースプラング式で、2万1600振動、80時間パワーリザーブを備えておりデイリーユースとしての実用性は高い。10万円を切る価格帯で80時間のロングパワーリザーブを備えたムーヴメントを搭載しているのは魅力的だ。


【装着感について】


 固定エンドリンクでケースとブレスレット連携させた“ラグスポ系”のデザインが存在感抜群。手首にとの間に若干隙間が空いているが、ミドルケース(実際は10.9mmだがミドルケースを薄い部分で4mmから厚い部分でも6mmにデザイン)を際立たせたことで、実寸10.9mmよりもスリムな印象。薄型のブレスはホールド感が良好だ。


【総評】

 10万円を切る価格ながら、ヘアラインをベースにした外装の仕上げ(特に面取りの加減が絶妙で鋭角なのにストレスのない質感)が良好で価格以上の高級感を備える。
機械についても、この価格帯で80時間パワーリザーブを備えているモデルはあまりない、10気圧防水でとても実用性も高い。

 ベゼルを薄くデザインして文字盤の面積を大きくしているデザインなので、視認性も良好。個人的にはもうすこしベゼルにボリュームを持たせたほうがバランスは良い気もするが、エンボスの文字盤で立体感を高めているのでデザインバランスも良好だ。コストパフォーマンスに優れた良作だと思う。


【問い合わせ先】
ティソ
TEL.03-6427-0366
www.tissotwatches.com


 

文◎船平卓馬(編集部)

オススメ記事

  1. 時計専門誌編集長がほしかった! 海外取材で使える薄型の腕時計用ポーチと…

  2. 【知っておきたい腕時計の基本】機械式腕時計の駆動時間はどのくらい?

  3. 手頃な2万円台から編集部が厳選、70年代スタイルを継承した“ツーカウン…

  4. 編集部が選んだ買いのダイバーズ7選/EDOX(エドックス)

  5. 【最近はロレックスとオメガがお気に入り!?】時計好きの噂あり、バイデン…

  6. 【今夏で活躍】防水加工が施された“モレラート”の最新スポーツベルトコレ…

  7. 【ラグスポ風時計とスケルトンの合わせ技】ロベルト カヴァリ バイ フラ…

  8. 【まずは、6位〜10位までお届け!?】“タイムギア”読者が選んだ、欲し…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計