10万円アンダーでチョイス。半袖に合わせたいちょい個性派ブレスモデル

 例年に比べると今年はずいぶんと梅雨入りが早まっている。すでに東海は梅雨入りしているというが、編集部がある東京も今週からずっと曇りベース、もはや梅雨に入ったかのような空模様が続いているが、みなさんのところはいかがだろうか。

 さて、梅雨といえば、時計愛用者にとって気をつけなければならないことがある。それは革ベルトにできる汗染みに対する備えだ。高温多湿な日本の梅雨の場合は、気温がすごく高いというわけではなくとも肌に密着しているぶん、ベルトの内側だけはよく汗ばんでいることが多い。つまり、この状態が何日も続いてしまうと、大きな汗染みができてしまい、ひいてはベルト自体の劣化を早めてしまう大きな要因につながる。

 ちなみに、欧米では圧倒的に革ベルトタイプなのに対して日本では、特に一般的な価格帯の時計の場合、ブレスレットタイプのほうがよく売れると聞いたことがある。梅雨の時期から夏にかけてのムシムシ、ジメジメとした高温多湿な気候風土がおそらくは関係しているのだろう。

 そんなわけで今回、5〜10万円までの価格帯でちょっと気になったブレスレットモデルを紹介したい。文字盤側からムーヴメントの動きが楽しめるD1ミラノのオートマティックスケルトンと個性派俳優の木下ほうか氏が監修したアウトラインのパートナー I 、そして隕石文字盤を採用したルノータスの限定モデル、アクアオーシャンの3機種である。

D1ミラノ P701 オートマティックスケルトンウォッチ

P701 オートマティックスケルトンウォッチ。SS(41mmサイズ)。5気圧防水。自動巻き(セイコーインスツル製Cal.NH70)。8万9100円

 2013年にイタリアで誕生した〝D1 MILANO(ディーワンミラノ)〞は、このオクタゴンケースをデザインアイコンとして取り入れている代表的なファッションウオッチブランドのひとつ。ソリッド感のあるデザインを特徴としており、数々の著名人やスポーツ選手が愛用したことでSNSから火が付き、現在35カ国以上で展開するなど急成長を遂げているブランドだ。

 ここに取り上げたモデルは、2017年発売の大ヒットモデル。同心円状デザインにカットアウトされたレイヤード構造のスケルトン文字盤が独特の存在感を放つ。上下左右にファセットカットを施したオクタゴンベゼルを備えた異形ケース、立体的かつエッジの効いた仕上げとあいまってシャープでモード感溢れる雰囲気を感じる。これから手首の露出が多くなる季節のファッションアイコンとして楽しめそうだ。

エイチエムエスウォッチストア 表参道、TEL. 03-6438-9321

アウトライン パートナー I

パートナー I 。Ref.YK20201-1。SS(40mm径)。10気圧防水。自動巻き(セイコーエプソン製 Cal.YN55A)。150本限定。6万6000円

 個性派俳優でアンティークロレックス愛好家としても知られる“木下ほうか氏”が監修し、約1年の開発期間を経て完成した、同氏のこだわりが詰まったスペシャルモデル。名前はアウトライン・パートナー I 。木下ほうか氏曰く「毎日の良きパートナーとして愛用してもらいたい」という思いから、自らが名付けたネーミングである。

 写真を見てもわかるように1960年代に作られた往年のダイバーズウオッチがモチーフ。針にはかつて軍用タイプに使われていた剣先型を採用、文字盤には経年変化で焼けて変色したときに生まれる「トロピカル」と呼ばれるブラウンを再現した。そして極め付けはリベットブレス。1950年代のものを忠実に再現している。先行して実施したクラウドファンディングでは支援金額1400万円以上を集めるほどの人気を博した。

シーズ・ファクトリー、TEL.03-5562-0841

ルノータス アクアオーシャン機械式45 メテオライト・リミテッド

アクアオーシャン機械式45 メテオライト・リミテッド。SS(45mm径)。20気圧防水。自動巻き(ミヨタ製Cal.821A)。限定50本。7万5900円(ブレスレット付属)

 文字盤やケース、針、ストラップ、ムーヴメントなど様々なパーツの組み合わせが可能な自由度の高いカスタムオーダーウオッチを展開するルノータス。そんな同ブラントで近年最も大きな話題を集めたのがここに取り上げたメテオライト リミテッドである。

 メテオライトとは隕石のこと。つまりこれを0.4mmの厚さにカットして成形し文字盤を採用しているわけである。しかも驚くことにメテオライト仕様ながらも何と7万円台を実現。希少性からメテオライトを使った時計には高額なものが多いため、この価格が与えたインパクトは相当大きかったといえる。

 使われた隕石は約100万年前にスウェーデン最北端の地に落下したとされるムオニナルスタ隕石。直線がランダムに入った特有の模様は人工では表現できない神秘的な雰囲気を放つ。なお、写真はラバーベルトが付いているが、ブレスレットも付属することから今回のテーマで取り上げた。

ルノータス、TEL.0743-83-0477

文◎堀内大輔

オススメ記事

  1. 【ジャパンブランド総力特集】春の新作ウオッチが盛り沢山、タイムギアVo…

  2. 【大人の遊び時計に最適】マリンスタイルをベースにした、“ノーティカ”の…

  3. 【国産時計の語れるうんちく】知れば知るほど面白い時計の“歴史”-最終回…

  4. 【WLN女子部】連載最終回ロレックス人気コレクション、デイトジャストの…

  5. 【日本未上陸だけどコレは欲しい!!】イギリスの実力派ブランド-“BRE…

  6. 【ハロウィン】で周囲と差を付ける! 本気で遊ぶ大人におすすめな高級ドク…

  7. 【鍛治職人と時計師の最強タッグ】ダマスカス鋼を取り入れたスウェーデンの…

  8. 【注目モデルを実機レビュー】誕生から47年、デザインウオッチの名作“マ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計