【写真】エクスプローラー、Ref.14270の細部をチェック!

バーインデックスに使われている夜光は1998年頃まではトリチウムが使用されていた。その場合はインデックスの「6」の下にT<25と表示されている


ラグとブレスをつなぐフラッシュフィット(弓カン)は、当初は写真のような別体パーツだったが後年生産分からは後継機(Ref.114270)と同じ一体型となった

搭載されているのはCal.3000。現行よりも三つ前のキャリバーだ。心臓部であるテンプを支えるブリッジが一方向からだけだった。後継機からは両方向から支えるタイプに変更


36mm径は大柄な人にとっては物足りないかもしれないが、57年間ずっとこのサイズだったこともあって、文字盤のバランスなどエクスプローラーはやっぱりこのサイズが落ち着く

記事に戻る

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計