これはいいぞ! 最新作“パートナー2”をバンブーで軍用っぽくしてみた 【OUTLINEのアウトライン|no.16】

 現在、弊社が運営するクラウドファンディングサイト「WATCH Makers(ウオッチメーカーズ)」にて先行予約受け付けを実施している木下ほうか氏監修の最新作“パートナー2”。おかげさまですでに多くの方から申し込みをいただいており、ほんとうれしい限りである。

 さて今回はどちらかというとパートナー2本体というよりは、現在当サイトのオンラインSHOPですでに販売中のアウトライン・オリジナルのバンブーブレスレットのことについて触れたいと思う。

 新作のパートナー2には、バンブーブレスと同じくアウトライン・オリジナルであるリベットブレスが標準で付く(上の写真参照)。これはもちろんブレススタイルが1番にかっこいいからにほかならないのだが、このパートナー2は顔がシンプルで、極太の3・6・9アラビア数字を使っているため軍用っぽい雰囲気の顔付きともいえる。そのため開発段階では、ヴィンテージ調の革ベルトなどリベットブレス以外もいろいろ合わせて試してみたのだが、これがまぁ〜よく似合うではないか。

バンブーブレスは高いところに登る際に使うハシゴのように見えることからラダーブレスとも呼ばれる。この構造によって長さが自由に調整できるため、1980年代初頭までイギリス空軍のパイロット用に実際に使われていたようだ

 なかでもここに掲載した写真のアウトライン・バンブーブレスを付けたスタイルは、特徴的なハシゴのような独特の作りがいかにも軍用っぽく(現にバンブーブレス自体はかつてイギリス空軍のパイロット用として使われていた実績がある)無骨な雰囲気となってかなりいい感じだったのである。

バンブーブレスはブレスの長さが自由に調整できるため、これからの季節にはニットなどインナーの上に着けて楽しむこともできる

 そこで急遽、今回のクラウドファンデイングでもこのバンブーブレスをオプションとして単独で申し込むことができるようにしたというわけだ。しかも通常販売価格1万9800円のところ10%OFFの1万7820円。ただし、商品のお届けはパートナー2と同じく11月下旬となるため、もし急いでいないのであればぜひ利用してほしい。

 さて、パートナー2のクラウドファンディングも残すところ今日含めて9日(10月17日・日曜日まで)となった。しつこくて恐縮だが、先行予約の場合は15〜10%OFFで4万円台後半から申し込めるため大変お買い得だ。「あれ、終わったの?」(という問い合わせがパートナー1では結構あった)なんてことがないように、気になる人はぜひ早めにチェックしていただけたらと思うのである。

WATCH Makers

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。

オススメ記事

  1. 菊地の【ロレックス】通信 No.091| 愛好家が注目するデイトナの2…

  2. 【動画】GERMAN WATCH.jp の編集長が語る!「ドイツ時計産…

  3. 菊地の【ロレックス】通信 No.090|いっきに下落! 今後デイトナは…

  4. アンダー20万円で買えるハンハルトの新作  【1回】勝手に実機でインプ…

  5. アウトライン(OUTLINE)裏話【第5回】ベルトも重要なファクター

  6. 30万円台から狙える “手巻きオイスターデイト”の魅力とは|【ロレック…

  7. “ドイツ・グラスヒュッテ”で製造された時計のロゴの周りには、なぜ町の名…

  8. 【ロレックス】通信 No.009|約30万の価格差。GMTマスターII…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計