これぞLEDデジタル時計の原点、ハミルトンのパルサーほか“LEDウオッチ”の名作に注目【語れる名作教えます。|No.07】

LEDデジタルの原点となる名作とその復刻モデルたち

 現代では安価なガジェットウオッチとして認識されているLEDウオッチにも、実は高級時計にも匹敵するヒストリーが存在していることを知っているだろうか。

 その歴史は、1970年の5月6日にアメリカを代表する名門時計ブランド、ハミルトンが発表したハミルトン パルサーからスタートする。このモデルは世界で初めてLED表示方式を実現したアイテムであり、同時に世界初の完全電子制御式の腕時計でもあった。


 それまでの伝統的な腕時計は、アナログの場合はたとえ針であっても、小窓で回転ディスクを使って時刻を表示するタイプであっても、駆動させるためにはケースの内部に歯車の輪列を使った可動パーツを必要としていた。60年代にはすでに電磁テンプを用いたエレクトリックウオッチ、クォーツ、ブローバの音叉時計など、機械式以外の機構も開発されていたが、時刻表示のために可動パーツを使用するという点ではいずれも同じである。

 それに対して、ハミルトン パルサーは電子モジュールにより電気の流れを制御して時刻を表示するため、機械式腕時計が誕生して以来、史上初の可動パーツを用いない腕時計だった。まさに時計の歴史のなかでも最もセンセーショナルな事件だったのである。

 ハミルトンは時計の製作とは無縁の異業種メーカーに協力を要請し、電子モジュールはエレクトロ・データ社とRCA、LEDディスプレイはリトロニック、アイコンである深紅のクリスタルガラス風防はコーニング・ガラス社、ハミルトンはリードリレーとケースの製作を担当。まさに最先端技術を結集して作られたアイテムだったのだ。

 当初、製作には通常の腕時計の5倍ものコストをかけたといわれており、70年に発表され、わずか400本だけが発売されたファーストモデルは、外装にもドレスウオッチ並みの工芸品的な作り込みを徹底。いまでは想像もつかないが、金無垢仕様で2100ドルという高級時計だった。


 上の画像は1972年に発売が開始されたP-2の取扱説明書。LEDに関する解説のほか、時刻の表示方法など、ハミルトン パルサーの仕様について細かく記載されている。注目なのがパルサーⅡの装着カットだ。当時はカジュアルウオッチという概念がなかったこともあり、スーツで着用したカットを使用しているのが興味深い。


編集部の注目モデル
HAMILTON(ハミルトン)

ハミルトンPSR

 初代“P1”誕生から50周年を迎える2020年に発売されたハミルトン パルサーのリバイバルモデル。デザインは1973年発売の“P2”をベースにし、アイコニックな幅広のクッション型ケースを再現。サイズも当時と同じ40.8×34.7mmを採用したが風防はルビーからサファイアクリスタルにアップデート。時刻表示もLEDから液晶ディスプレイと有機EL(OLED)テクノロジーを組み合わせたハイブリッドディスプレイに進化しており、液晶ディスプレイにより常時点灯を実現。

■Ref.H52414130。SS(40.8×34.7mmサイズ)。10気圧防水。クォーツ。9万9000円


 有機ELを組み合わせることでケース右横のボタン操作によって赤い7セグメントLEDが発光する。当時のデザインを踏襲しながら、現代のテクノロジーで機能を高めた正統なる進化形モデルといえるだろう。

【問い合わせ先】
ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン
TEL:03-6254-7371


》ほかにもある、LEDデジタル黄金期の復刻モデル

 1970年にパルサーが登場したことで、それまで時計ブランドが共有して来た伝統的な腕時計のデザイン、機能に対する概念は一変した。伝統的なアナログ針による時刻表示に加えて、数字をデジタル表示するという新しいデザインフォーマットが誕生したのだ。

 ここからは、当時発売された名作LEDデジタルウオッチをベースに、デザインや雰囲気を忠実に再現した復刻モデルをクローズアップしてみた。いまではカジュアルウオッチの一ジャンルとして認知されているLEDウオッチだが、歴史的モデルをベースにした復刻モデルのレトロなデザインを見ると、そのDNAに時計史の1ページがしっかりと継承されていることが実感できるはずだ。


編集部の注目モデル
BULOVA(ブローバ)

コンピュートロン

 970年代後半から急速に高まったデジタルウオッチ需要に応えてブローバが発売したコンピュートロンの復刻版。当時、様々なタイプが展開されたが、復刻されたモデルは、ドライビングウオッチとしての使用を想定して傾斜部分にディスプレイを設置したタイプ。ケースサイドのボタンを1度押すと時間、2度押すと秒、さらにボタンを押すと月日、曜日、セカンドタイムゾーンが順番に表示される。
■SS(31.1×40.3mmサイズ)。3気圧防水。クォーツ


Ref.98C135
3万800円


Ref.96C139
3万6300円


Ref.97C110
4万1800円

【問い合わせ先】
ブローバ相談室
TEL:0570-03-1390


編集部の注目モデル
YEMA(イエマ)

イエマLED

 1970年代にイエマが発売したLEDデジタルウオッチの初期モデルを再現。デジタルディスプレイで上下に分割したような個性的なケースデザインが特徴となっており、直線を生かしたソリッドなフォルムは、当時のモデルに従って3D技術で再設計されている。ケースに直接設置された巻きブレス、ユニークなフォルムなど70年代のレトロな雰囲気を再現しつつ、10気圧防水を備えることで現代のニーズに合わせた実用性を確保している点も魅力といえるだろう。

■SS(37.5mmサイズ)。10気圧防水。クォーツ


YMHF1575-1AM
3万5000円


YMHF1575-AM
3万1000円

【問い合わせ先】
イエマジャパン
TEL:03-5875-8810


文◎船平卓馬(編集部)

オススメ記事

  1. 【2人の天才が生んだ個性派ブランド】“ロベルト カヴァリ バイ フラン…

  2. まさにデジタル時計の黄金期、70年代のテイストを感じさせる“デジタルウ…

  3. 徹底した顧客サービスもパテック フィリップの魅力。その国内拠点であるサ…

  4. 女性編集者セレクト 木材をワンポイントに使った自然派時計4選

  5. 【WLN女子部】インスタ“#女子時計部”のハッシュタグで話題、女性の時…

  6. 【いま話題のラグスポって何だ?】高級ブランドの相次ぐ参入で再注目されて…

  7. 【WLN女子部発】文字盤を返してオンオフ違う私を楽しむ! 大人女子にオ…

  8. 【30万円以下で編集部が選出】プラスワンの個性を備えた、いま買いの“3…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計