【話題の国産ウオッチを本音レビュー|Vol.17】シチズン プロマスター エコ・ドライブ電波時計 ブルーインパルス限定モデル

 シチズンが航空自衛隊が誇るアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」の限定モデルをリリースしたのは1999年が最初で、その関係性はなかなか深いものがある。実際のところ、陸・海・空の極限に挑むシチズンのプロマスターシリーズと、超絶な飛行技で多くの人を魅了するブルーインパルスの相性が悪かろうはずがないわけで、ブルーインパルスの世界観をうまく表現した時計は発売されるごとに人気を集めてきた。

 そしてこの7月には、ついに5回目となる2機種の限定モデルが発売されることとなった。そのひとつCB5860-43Aのディテールを見ていこう。

■Ref.CB5860-43A。SS(44.1mm径、13.8mm厚/設計値)。20気圧防水。クォーツ(Cal.E660、光発電エコ・ドライブ)。限定800本。6万3800円

 

 今回の限定モデルのデザインは、1960~80年代初頭にかけて活躍した初代ブルーインパルス“F-86F”をイメージしたカラーリングが施されている。ホワイトダイアルの外周にブルーをあしらいつつ、インダイアルや秒針などの差し色にオレンジを使っており、全体に爽やかな夏時計といったテイストだ。クロノグラフとワールドタイマー機能を搭載しているだけでなく、パイロットウオッチらしくきちんと航空計算尺まで備えていることもあり、文字盤面は非常に情報量が多いが、しっかりと太い時・分針を採用しているので視認性は悪くない。このあたりはシチズンがプロマスターシリーズで培ってきたデザイン力が光る。

 ケースサイズは44.1mmで、イマドキのクロノグラフとしては標準的なサイズだろう。多機能な割にはぼってりとした厚みもなく、腕への装着感は上々だ。ベゼルエッジの装飾や、8時位置にさりげなく入れたブルーインパルスのロゴなど、細部へのこだわりもカッコいい。このロゴは裏ブタにもしっかりあしらわれている。明るいカーフ革のレザーベルトを合わせたことで、ちょっとクラシカルなパイロットウオッチな雰囲気に仕上げている点もなかなかいいセンスだと思う。また、ブルー地にロゴが入った付属の専用ボックスもマニア心をくすぐる。

 搭載ムーヴメントのCal.E660はシチズン自慢のエコ・ドライブ電波時計ゆえ、時刻合わせも定期的な電池交換も不要だ。フル充電されれば3年動き続けるというパワフルさなので、オンもオフも気にせずに使い続けることができる。クロノグラフに加えワールドタイマー、パーペチュアルカレンダーも備え、機能的にはほぼ完璧といえるだろう。特に標準電波受信+ワールドタイマーはビジネス時計としても秀逸で、日・中・米・欧の4エリアの受信範囲内であれば時刻合わせの必要がない。出張の多い人には便利だ。

 豊富な機能とディテールにこだわりを感じさせるデザインに加え、限定800本のプレミア感もある。それでいて6万3800円という価格は、かなり抑えられている印象だ。このシリーズはいつも時計ファンだけでなく航空ファン、ミリタリーファンからも注目を集めるだけに、今回も比較的早々にソールドアウトしてしまうと予想される。カラーリングからしてもこれからの季節に最適なモデルだし、入手はできるだけ急ぎたい。

 
【問い合わせ先】
シチズンお客様時計相談室 TEL.0120-78-4807
https://citizen.jp

 

構成◎堀内大輔(編集部)/文◎巽 英俊/写真◎編集部

オススメ記事

  1. 【実機レビュー】 キングセイコーの2代目を忠実復刻した限定モデルはサイ…

  2. 【ロレックス】通信 No.014|2019年新作のヨットマスター42の…

  3. 注目作をユーザー視点で本音レビュー!話題の新作インプレッション/モーリ…

  4. 普段使いできる機械式時計の筆頭!【オリエントスター】スポーツコレクショ…

  5. 【実機レビュー】1950年代のチューダーに存在した名称、ロイヤルが復活…

  6. 勝手に実機でインプレッション【第2回】ジン・910.SRS

  7. 実機レビュー!何が買いなのか調べました。【予算20万円台①】

  8. 勝手に実機でインプレッション【4回】トーマス・ニンクリッツ/ドイツ時計…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計