【2021年新作時計】ヴァシュロン・コンスタンタン|100周年を迎えたアメリカン1921の新作など、伝統を感じさせるモデルがラインナップ

 ヴァシュロン・コンスタンタンは2021年、“Watches & Wonders 2021”でオーヴァーシーズの新作のほか、100周年を迎えたヒストリーク・アメリカン1921などを発表した。

ヒストリーク・アメリカン1921  

 風変りで独創的な外観ながらも、エレガントでクラシカルな個性が際立つ“アメリカン 1921”。それは、ヴァシュロン・コンスタンタンの創造性を象徴的に表現するシンボルである。およそ1世紀前に誕生した“アメリカン 1921”は、マニュファクチュールの歴史遺産の中で時代を画す最も傑出した時計のひとつだ。 この歴史的モデルの誕生から100周年を迎えた今年、ヴァシュロン・コンスタンタンはヴィンテージウオッチのコレクターや時計愛好家に向けて、3つの新作によってこの時計のアバンギャルドな精神を称えている。 この時計の起源は1919年に遡る。その2年後、ヴァシュロン・コンスタンタンは、米国向けに腕時計を少量生産。この時計に“アメリカン 1921”と名付けた。現在の“ヒストリーク”コレクションの復刻デザインもこれが元となっている

 クッション型ケース、斜めに傾いたダイアル表示、ケース右の1時と2時の間に配されたリューズにはどれもビジュアル表現にひとひねりがあり、そのオフセットのデザインとタイムレスな持ち味によって魅力をアピール。ひとつの美的デザインを確立している。 100周年を記念して発表される“アメリカン 1921”は、自社製の手巻きムーヴメント、キャリバー4400 ASを搭載。サファイアクリスタルのシースルースバックを通じて姿を見渡せる直径28.6mmのムーヴメントは、通常位置からはオフセットされ、堂々とした香箱により約65時間(3日間)のパワーリザーブを実現した。

 アメリカン 1921は、なによりまずユニークなデザインが目につく。反時計回りに45度回転させ、オフセットされたムーヴメントは、時刻を斜めの方向で読み取るようになっており、リューズはケース右側上方の1時と2時の間に置かれている。 このことから当初のモデルは、車のハンドルを握ったままでも一目で時刻が読み取れると、自動車の愛好家をはじめ、優雅な人々や先駆的な人々から好評を得た。アメリカの作家で牧師のサミュエル・パークス・キャッドマンが2本所有していた記録が残っており、そのうちの1本が、現在ヴァシュロン・コンスタンタンのヘリテージ・コレクションの一部になっており、今年に発表された3本の新作を考案する際に参考にした、極めて希少なモデルだった。

ヒストリーク・アメリカン 1921 ホワイトゴールド 40MM
ヴァシュロン・コンスタンタンの工房で100年前に初めて考え出されたデザインコードを再現。ヴィンテージ愛好家の男性に向けたこのシックでレトロな時計は、細かなグレイン仕上げのシルバートーン文字盤や、40mmのゆったりとしたホワイトゴールドケースによって手元を飾る。また小振りな36.5mmサイズのバリエーションも展開される。
■Ref.82035/000G-B735。K18WGケース。ケースサイズ40mm。3気圧防水。手巻き(Cal.4400 AS)。435万6000円
ヒストリーク・アメリカン 1921 コレクション・エクセレンス・プラチナ
プラチナ製のケースが与えられた100本限定モデル。文字盤には表面にサンドブラスト仕上げが施され、18金ホワイトゴールド製のアプライドインデックスと、伝統的なミニッツトラックを配されている。
■Ref.82035/000P-B748。Ptケース。ケースサイズ40mm。3気圧防水。手巻き(Cal.4400 AS)。ブティック限定。607万2000円

 


トラディショナル・スプリットセコンド・クロノグラフ・
エクストラフラットコレクション・エクセレンス・プラチナ ■Ref.5400T/000P-B637。Ptケース。ケース径42.5mm。3気圧防水。自動巻き(Cal.3500)。世界限定15本。参考価格3762万円(4月発売予定)

 ヒストリーク・アメリカン 1921にもライナップしたプラチナ仕様の“コレクション・エクセレンス・プラチナ”からは、もうひとつ新作が仲間入りしている。それが“トラディショナル・スプリットセコンド・クロノグラフ・エクストラフラット コレクション・エクセレンス・プラチナ”だ。 コレクション・エクセレンス・プラチナは、ケースやベゼル、文字盤、リューズ、フォールディングバックルがプラチナで作られているだけでなく、アリゲーターレザーストラップのステッチにもシルクとプラチナの縫い糸が用いられた、同社における最上級ラインのひとつ。これに新たに加わったのは、洗練された美しいデザインと機械式時計の精巧な技術との融合から誕生した“トラディショナル”。ヴァシュロン・コンスタンタンの260周年を記念して2015年に開発された自社製の超薄型スプリットセコンド・クロノグラフ・ムーヴメントCal.3500を搭載する。  473個の部品から成るこのムーヴメントは、毎時2万1600回振動し、48時間のパワーリザーブを備える。また、独特の設計による超薄型の自動巻きムーヴメントは、この種の複雑機構を搭載する世界最薄(5.2mm)のひとつに数えられ、時計全体の厚さも10.72mmに抑えられた。ムーヴメントの特別な薄さに貢献しているのは、ペリフェラルローターを用いた自動巻き構造だ。

 


オーヴァーシーズ・トゥールビヨン ■Ref.6000V/110R-B733。K18PGケース。ケース径42.5mm。5気圧防水。自動巻き(Cal.2160)。参考価格1971万2000円(9月発売予定)

 2019年のステンレススチールモデルに続いて、今年発表されたのが“オーヴァーシーズ・トゥールビヨンの18金ピンクゴールドモデルだ。“上品かつモダンであること”。それはまさに同ブランドが大切にする2つの基本方針。本作は同社が今年掲げたテーマ“Classic with a Twist(伝統的でありながら遊び心がある)”を体現するモデルとなった。

 

【画像】オーヴァーシーズ2021年新作、エクストラフラット・パーペチュアルカレンダーをチェック!

 


  【問い合わせ先】 ヴァシュロン・コンスタンタン TEL:0120-63-1755
https://www.vacheron-constantin.com/jp/home

 

  文◎堀内大輔(編集部)

オススメ記事

  1. 【2021年新作時計】ブライトリング|エレガントなプレミエが1940年…

  2. 【2021年新作時計】 パテック フィリップ|革新的な特許を取得した、…

  3. 【2021新作時計】ジャガー・ルクルト|90周年を迎えた“レベルソ”に…

  4. 【2021年新作時計】オリス|ユネスコ世界遺産ワッデン海の名を冠した“…

  5. 【2021新作時計】チューダー|“パンダ”と“逆パンダ”をラインナップ…

  6. 【2021年新作時計】ウブロ|世界初となるオレンジサファイアも!? 今…

  7. 【WLN女子部・2021年新作時計】ショパール|ダイヤモンドをふんだん…

  8. 【2021年新作時計】ロジェ・デュブイ|アイコンの昇華を掲げて製作した…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計