【なんと7万円台を実現】好評だったメテオライトウオッチがスポーツ仕様で再登場!

 文字盤やケース、針、ストラップ、ムーヴメントなど様々なパーツの組み合わせが可能な自由度の高いカスタムオーダーウオッチを展開するルノータス。そんな同ブラントで2020年最も大きな反響を呼んだモデルが、同年夏に発売されたメテオライト リミテッドだ。

 本作の1番の特徴はその名のとおり、文字盤にメテオライト(隕石)を採用した点にある。使用したのは約100万年前にスウェーデン最北端の地に落下したとされるムオニナルスタ隕石で、直線がランダムに入った特有の模様は人工では表現できない神秘的な雰囲気を醸し出す。さらに本作ではその価格設定も話題となった。メテオライト自体が希少なため、一般的に数十万円はするメテオライトウオッチを、なんと約10万円という手の届く価格に抑えたのである。実際、第1弾は即完売だったというからその人気ぶりがうかがえる。

 今回取り上げるのは、強化防水モデルのアクアオーシャンをベースに生まれたのその第2弾。文字盤には第1弾同様にムオニナルスタ隕石が用いられており、これがスポーティなアクアオーシャンにもよくマッチしていい感じなのだ。しかも本作ではさらに価格が抑えられ、7万円台を実現したというから驚きである。メテオライトウオッチを狙っている人はぜひチェックしてみてほしい。

アクアオーシャン 機械式 45 メテオライト ・リミテッド
2020年夏に発売し、大好評だったメテオライト シリーズの第2弾。前回同様、メテオライトのなかでも希少とされるムオニナルスタ隕石を用いており、これを0.4mmの厚さにカットして文字盤に成形している。地球上では再現不可能とされる特有の模様は、ひとつとして同じものがなく、オンリーワンというのも本作の魅力だ。
■ステンレススチールケース、ラバーストラップ(ブレスレット付属)。ケース径45mm。20気圧防水。自動巻き(Cal.Miyota821A)。限定各50本。各7万5900円

DETAIL CHECK

316Lスチール製のケースに対して、ベゼルディスクにアルミニウムを採用。同色でありながらも、質感の異なる素材を組み合わせることで、立体感が生まれている

既存のリミテッドモデルではETA社製を搭載していたが、本作ではミヨタ社製のムーヴメントを採用。これによりコストが抑えられ、さらに手の届きやすい価格になった

ラバーストラップのほか、それぞれにケースと同色のブレスレットも付属。コストパフォーマンスの高さは第1弾以上だ

 

着けてみました!

ケース径は45mmと大振りだが、オールブラック仕様ではかなり引き締まって見える。存在感もしっかりとあり、カジュアルファッションと相性抜群だ

 

 

文◎堀内大輔(編集部)/写真◎水橋崇行

 

【問い合わせ先】
ルノータス TEL. 0743-83-0477
https://renautus.com/

オススメ記事

  1. 【手頃な3万円以下で、程よい38mmケース!】伝統のトリカレムーンをモ…

  2. 名作の雰囲気を10万円台で再現、セイコーが手がけた国産ダイバーズウオッ…

  3. 国産時計ブランドのミナセがヨーロッパへ本格進出を開始

  4. 仮面ライダーも着用!? 新人編集者が、スイスの古豪“ファーブル・ルーバ…

  5. いまや時計製造にハイテクは欠かせない! 3Dプリント技術を駆使した個性…

  6. 【ダイバーズと防水時計は違う!?】意外と知らない時計の基礎知識-第2回…

  7. 【WLN女子部発】実機レビュー! 美しい文字盤とムーヴメントを併せもつ…

  8. 限定生産モデルも登場、日本発の時計ブランド“マスターワークス”の期間限…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計