【月刊G-SHOCK(ジーショック)】no.010|ラグジュアリーに演出。「ゴールド系」G-SHOCK 人気BEST 5

 カシオ計算機協力のもと、毎月、トレンドや季節、予算などといったテーマ別に“G-SHOCK(ジーショック)”の人気モデルBEST5を紹介する【月刊G-SHOCK】。
 10回目となる今回は、ラインナップのなかでも人気カラーであるゴールド系のG-SHOCKにスポットを当ててみた。

ストリート感あふれるファッションアイテム。
ゴールド系G-SHOCKの人気ベスト5を発表!

 ラグジュアリースポーツウオッチの人気もあって、ここ数年はカジュアルでスポーティブなスタイリングのモデルにゴールドカラーを合わせることが、時計界ではちょっとしたトレンドになっている。その真骨頂ともいえるのがG-SHOCKのゴールドモデルだろう。

 実はカシオでは2015年にコンセプトモデルとして、本物の金を使ったフルゴールドのG-SHOCKを製作して、バーゼルワールドで発表した実績がある。開発にはG-SHOCKの生みの親である伊部菊雄氏が直接関わり、いわゆるオリジンのケースと同様のデザインが採用された。
 フルゴールドゆえに当然ながら非常に重い時計になったが、耐衝撃性を高めるためにアウターケースとインナーケースの間にアブソーバーを挟むなど、G-SHOCKならではの工夫がなされており、そのタフネスさは金であってもしっかりと受け継がれていた。当初は試作のみの非売品ということだったが、ファンからの要望が世界中から集まり、19年にはG-SHOCK誕生35周年記念モデルとしてわずか35本のみ市販。価格も770万円と桁外れであったが、即完売したという実績がある。

 そこまで豪華な超高級モデルともなればなかなか手が届くものではないが、最近のG-SHOCKのラインナップにはゴールドカラーのモデルが目立つ。進化したIP加工によって高級感あるトーンのゴールドが使えるようになったことに加え、G-SHOCKのポップなフォルムだと金であってもオヤジくささや嫌味な感じがなく、むしろストリート感あふれるファッションアイテムとして人気を集めているようだ。
 ちなみに21年は風水によると金色の運気が特に強く、金運をアップさせる効果があるという。そこで運気を少しでもアップさせるべく、新年にふさわしいゴールド系G-SHOCKを集めて紹介しよう。

 

》人気BEST 1
GMW-B5000GD-9JF
 いわゆる初代G-SHOCK “オリジン“の系譜を受け継ぎつつ、外装のメタル化に成功したGMW-B5000シリーズのゴールドモデル。ベゼルと本体ケース部の間にファインレジン緩衝体を挟み、フルメタルケースでも耐えうる新たな耐衝撃構造を開発。ゴールドIPのトーンは豪華さのなかに渋みを感じさせ、ミドルエイジのユーザーにもよく似合いそうだ。機能的にもスマートフォンリンクなどを備えている。
■ステンレススチールケース(49.3×43.2mmサイズ)。20気圧防水。クォーツ(電波ソーラー)。7万4800円

 

》人気BEST 2
GA-710GB-1AJF
 デジアナG-SHOCKでもかなりボリュームのあるGA-700をベースに、ガリッシュカラーを採用したストリート感あふれるモデル。ダークなトーンのケースにゴールドのダイアルがよく引き立っているが、これはB-BOYが身に着けるアクセサリーやファッションアイテムをイメージしたもので、光沢仕上げでタフでエネルギッシュなスタイルに仕上げられている。針退避機能を搭載しているので視認性も良い。
■樹脂ケース(57.5×53.4mmサイズ)。20気圧防水。クォーツ。2万350円

 

》人気BEST 3
GST-W300G-1A9JF
 G-SHOCKとしてはかなりダウンサイジングされてスマートな印象を与えるG-STEELシリーズのゴールド×ブラックコンビ。樹脂ベゼル×ゴールドIPを施したステンレスケースの組み合わせで、トレンドのラグジュアリースポーツを思わせるスタイリングだ。世界6局の標準電波を受信するマルチバンド6やタフソーラー機能などを備え、デイリーユースにも適した汎用性の高いモデルだといえる。

■樹脂×ステンレススチールケース(55.9×49.3mmサイズ)。20気圧防水。クォーツ(電波ソーラー)。4万4000円

 

》人気BEST 4
GA-140GB-1A1JF
 アナログ表示と立体感あるデジタルのインダイアルを組み合わせたことで、メカニックな雰囲気を強調したGA-140のゴールド×ブラックコンビモデル。煩雑になりがちなダイアルを、ゴールドをうまく使いながら立体的にデザインすることで視認性を高めている点は見事。機能的にはワールドタイムやフルオートカレンダーなど、比較的ベーシックではあるが実用的なレベルは十分満たしている。

■樹脂ケース(55×51.2mmサイズ)。20気圧防水。クォーツ。1万7600円

 

》人気BEST 5
GM-6900G-9JF
 いわゆる“3つ目モデル”として人気の高い6900系のメタルケースモデルに、ゴールドカラーがラインナップに加わった。そのフォルムのポップさからカラフルなカラーリングが多かったモデルだが、明るめのゴールドIPもそのフォルムによく似合っていて迫力満点だ。ストリートファッションとの相性は抜群だろう。反転液晶の深みあるブラックのトーンもゴールドによくマッチしている。
■樹脂×ステンレススチールケース(53.9×49.7mmサイズ)。20気圧防水。クォーツ。2万8600円

 

構成◎堀内大輔(編集部)/文◎巽 英俊/情報協力◎カシオ計算機

【問い合わせ先】
カシオ計算機 お客様相談室 TEL:03-5334-4869
https://g-shock.jp

オススメ記事

  1. 【大人気の“鬼滅の刃”コラボ!】“チックタック”と“アイスウォッチ”か…

  2. 【第1回】1990年代に巻き起こった3つのムーブメント|平成時代と時計…

  3. 実は“宇宙に行った初”であったことも知ってました? セイコーが手がけた…

  4. ドイツ【チュチマ グラスヒュッテ】の本国工房に行ってきた!

  5. 日本未上陸ブランド傑作選/No.3 RGM Watch(RGMウォッチ…

  6. スマートウォッチ最新研究-【Part-1:スマートウォッチの基礎知識】…

  7. 日本未上陸ブランド傑作選/No.14 SINGER(シンガー)

  8. 日本未上陸ブランド傑作選/No.11 MING(ミング)

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計