【1万円台で探しました】34mm〜38mmまで、手首にフィットする“コンパクトウオッチ”セレクション

 ここ最近、カジュアルウオッチ、高級時計を問わずに注目を集めるようになったダウンサイジング(小型化)のトレンド。今回は、予算1万円台で、40mm以下の小振りなサイズの時計をクローズアップし、おすすめモデルを紹介していく。

手首にしっくりとフィットする小振りなサイズ感が魅力

 ここ最近、カジュアルウオッチ、高級時計を問わずにラインナップを増やしている小さめのサイズの腕時計。数年前までは、一部の時計好きの間で注目される程度の局地的なトレンドだったのだが、ここに来て、ようやく一般ユーザーの間でもニーズが高まっている印象なのだ。
 では、具体的に小さめの時計とはどのくらいのサイズ感の時計を指しているのか。サイズ感に関しては様々な意見があると思うが、現在のメンズウオッチのスタンダードサイズが40mm〜42mm程度だということを踏まえるならば、筆者の感覚としては38mm以下のサイズであれば、“小さめ”とカテゴライズしても良いのではないかと考えている。
 あまり小さすぎるとレディースモデルのように見えてしまうので注意が必要だが、スタンダードなもので36~38㎜、さらに小振りなもので34~36㎜というのが大まかなカテゴリーといえるだろう。

 現代のサイズ感に慣れている人は、36~38㎜と聞くと小さ過ぎる印象をもつかもしれないが、そもそも時計黄金期とされている1950年代のアンティークウオッチは、その多くが30mm~36mmのサイズ。上の写真は1950年代〜60年代に製造されたオメガの名作コンステレーションだが、いずれも34mmと、現代の感覚ではかなり小振りなサイズに仕上げられている。
 当時の人間と比べて現代の人間が極端に手首が太いわけでもないので、着け心地や見た目のバランスを考えるならば、小振りな時計が本来の主流といっても過言ではないのだ。
 実際に小さめの時計を着けてみると、手首にしっくりと納まるサイズ感にハマってしまうはずだ。気になった人はぜひ実際に店頭で試してみて欲しい。

》編集部おすすめの“小さめ時計”-01
TIMEX(タイメックス)
マリーン“カリフォルニア・ダイアル”

 インデックスの上半分がローマ数字、下半分がアラビア数字になった“カリフォルニア・ダイアル(別名ユニークダイアルとも)”を採用した新作マリーン。2017に年登場し、即完売したモデルは手巻きだったが、本作はクォーツを採用している。
 34mmと小振りなケースに加え、ドーム形のアクリル風防、色味や質感などこだわりのディテールが、アンティークのような雰囲気を醸し出す。

(右)Ref.TW2U19700
(左)Ref.TW2U19600
■SS(34mm径)。3気圧防水(日常生活防水)。クォーツ。各1万9800円

【問い合わせ先】
ウエニ貿易(TEL.03-5815-3277)
https://www.timexwatch.jp

 

》編集部おすすめの“小さめ時計”-02
KENNETH COLE (ケネスコール)
アーバンスタイル(ムーンフェイズ)

 スタイルを選ばず着けられるアーバンスタイルなデザインが魅力的なムーンフェイズモデル。月の満ち欠け(月齢)を確認できるムーンフェイズ表示に加えて、デイト表示、曜日表示のカレンダー機能をそれぞれサブダイルで表示してくれる。

■Ref.KC51151006。SS(38mm径)。3気圧防水。クォーツ。1万8700円

【問い合わせ先】
マーサインターナショナル(TEL.03-5541-0170)
https://www.marsainc.co.jp/brand/kennethcolewatch/collection/

 

》編集部おすすめの“小さめ時計”-03
SEIKO (セイコー)
セイコーセレクション
 オンオフを問わずに着けられるオーソドックスで飽きのこないデザインが特徴の王道3針モデル。ブルーサンレイダイアルに、立体的に仕上げたアップライトのバーインデックスをレイアウトし、シンプルななかにも上質感をプラス。流行に左右されることなく愛用できるデザインに仕上げられている。3時位置には日付け・曜日表示を搭載。

■Ref. SCDC037。SS(37.4mm径)。日常生活防水。クォーツ。1万6500円

【問い合わせ先】
セイコーウオッチお客様相談室(TEL.0120-061-012)
https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/seikoselection/scdc037

 

》編集部おすすめの“小さめ時計”-04
REGUNO (レグノ)
ソーラーテック電波
 定期的な電池交換が不要で環境にも優しい光発電に加えて、国内から発信される標準電波を受信し、時刻・カレンダーを自動修正する便利なソーラーテック電波時計。現代のライフスタイルをサポートする優れた機能性に加え、36.2mmとコンパクトなサイズによって、快適な装着感を実現。10気圧防水を備えているも嬉しいポイントだ。

■Ref.RS25-0483H。ステンレススチールケース&ブレス。ケース径36.2mm。10気圧防水。クォーツ(ソーラーテック電波)。1万9250円

【問い合わせ先】
シチズンお客様時計相談室 (TEL.0120-78-4807)
https://reguno.jp/lineup/solar_rcw/250483.html

文◎船平卓馬(編集部)

オススメ記事

  1. 5万円台でコスパ抜群! 1940年代の時計を復刻したロータリーの限定機…

  2. アーティアから世界で1本だけのアーティスティックなミニッツリピーターが…

  3. 日本製自動巻きで何と3万円台。1940年代の軍用時計を再現した新作第2…

  4. シチズン クロスシーから「八重桜」をテーマ にしたトノー型の限定モデル…

  5. 自宅でCITIZEN(シチズン)の時計が着用できる? ARを使った新サ…

  6. 【WLN女子部発“ドラマに映ったアノ時計”】「SUITS season…

  7. 【限定500本】タグ・ホイヤー カレラから日本限定“ブラック マザー・…

  8. 【これぞシチズンの隠れたロングセラー】60年にわたり製造を続けている、…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計