【10万円以下で購入できる時計】70年代に生まれたラグスポデザインを取り入れたコスパ抜群ウオッチを3本ご紹介!(ティソほか)

 ラグジュアリースポーツ、通称ラグスポと呼ばれるデザインの時計は、1972年にオーデマ ピゲから発表された“ロイヤルオーク”が原点と言われている。デザインを遂げたのはジェラルド・ジェンタで、ドレスウオッチのように薄型でありながら、ベゼルやケース、文字盤に理体幹を盛り込んで、スポーツウオッチのような力強さを与えたエポックメイキングな時計スタイルを生み出した。
 しかし、このラグジュアリースポーツモデルとは、文字通りラグジュアリー(高級な)スポーツモデルという意味であるので、その価格は効果であることが多い。しかし、様々な時計メーカーが、ラグスポモデルのデザインを踏襲したカジュアルな価格帯の所謂”ラグスポテイスト“の時計が多く発売されていることはご存知だろうか。
 今回取り上げるのは10万円以下という価格帯ながら、しっかりとしたスペックとラグスポ風デザインを兼ね備えたコストパフォーマンスに優れた時計だ。編集部目線で3本チョイスしたため、時計を新調する際の指針として欲しい。

ティソ
ティソ PRX オートマティック


■Ref.T137.407.11.041.00。SS(40mm径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.Powermatic 80)。8万2500円
 40mmのケース径に、このモデル最大の特徴である、スリムでソリッドなデザインを維持したケース厚10.93mmを実現。滑らかで上質なポリッシュ仕上げのベゼルは、トノーケースが描くゆるやかで美しいラインをより一層際立たせている。加えてベゼルに見られるポリッシュ仕上げの面取りと、垂直方向のサテン仕上げを組み合わせることで、ティソ ピーアールエックスがもつソリッドな質感に柔らかな印象を添えている。文字盤には、立体的なエンボスド・チェッカード・パターンが目を引く意匠を採用。
【問い合わせ先】
ティソ
TEL.03-6427-0366
www.tissotwatches.com

カル・レイモン
マジェスティ


■Ref.M1BL01。SS(40mm径)。5気圧防水。クォーツ(Cal.Miyota 6P 00)。一般発売予定価格4万9500円
 カル・レイモンの代名詞であるトリプルカレンダームーンフェイズを採用しつつ、これまでにないラグスポテイストのデザインに挑戦した第4弾コレクション。八角形に仕上げたレイヤード構造のケース、縁を面取りして鏡面に仕上げた立体的かつエッジの効いたベゼル、重厚なブレスレットのコンビネーションが、価格以上の高級感を醸し出す。
【問い合わせ先】
カル・レイモン
info@karlleimonwatches.com
https://karlleimonwatches.com

 

 

ロータリー
リージェント

■Ref.GB05410/05。ステンレススチールケース&ブレス。ケース径40mm。10気圧防水。自動巻き(Cal. Miyota8N24)。6万8200円
 2次世界大戦ではイギリス陸軍の公式サプライヤーを務めた歴史ももつロータリー。現在は英国トラディショナルスタイルを踏襲した時計を展開。イギリス国民に愛され続ける。曲線的なオクタゴンケースが特徴。ヘアライン、ポリッシュ仕上げをうまく組み合わせ高級感を演出している。
【問い合わせ先】
イクスピアリ
TEL.047-305-2551
https://www.rotarywatches.jp

文◎川田健人(編集部)

オススメ記事

  1. 10万円〜20万円台で狙う、最強のタフネスウオッチ3選【湿気も衝撃も磁…

  2. 【編集部厳選】複雑機構を搭載したクラファン発の高コスパウオッチ3選!

  3. 人気のラグスポ風時計とスケルトンの合わせ技、時計好きも満足の自動巻きウ…

  4. 【まずは6位から10位まで発表!】“タイムギア”読者が選ぶ、いま欲しい…

  5. 【北欧デザインの本格時計】デンマークで創設された注目ブランド、“アバウ…

  6. 【2022年新作時計速報】タグ・ホイヤー|モナコ、カレラ、アクアレーサ…

  7. 【レブロンが腕に宿る】アンダーンと映画“スペース・プレイヤーズ”コラボ…

  8. 【シチズン プロマスター】日常にアクティビティーを取り込むストリートテ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計