【2022年新作時計速報】ゼニス|大幅なリニューアルを果たした“クロノマスター オープン”など注目モデルを一挙に紹介

 自動巻きクロノグラフの第一人者であり、同時に革新者として知られるゼニス。2022年は “Watches And Wonders2021”にて“マスター・オブ・クロノグラフ”展を開催してブランドのマイルストーンと歩みを紹介しつつ、“クロノマスター”コレクションに焦点を当てた新作を発表。高振動で動くエル・プリメロキャリバーの心臓部を外から見ることのできる“クロノマスター オープン”のモデルチェンジに加え、21年にラインナップに加えられたクロノマスタースポーツの新作など、素材やデザインの違いで多彩なモデルがラインナップされた。


クロノマスター オープン

 “クロノマスター オープン”の最新モデルは、1969年に発表された “A386”からアイコニックな3色文字盤を継承しつつ、スケルトンの透明感と多層的な造形をこれまで以上に際立たせたデザインが特徴となっている。


 過去モデルでは9時位置のスモールセコンドカウンター全体をそのままカットアウトしていたのに対し、新生“クロノマスター オープン”ではヘサライトクリスタル製のエレメントを使用して60秒をカウントする目盛をレイアウト。サブダイヤルの視認性を確保しながら、シリコン製ガンギ車の規則的な駆動と造形を鑑賞できる。前モデルではフレームを取り付けて丸い開口部に面取りを施していたのに対し、開口部そのものにも改良を加えることで洗練された意匠となった点も注目のポイント。直線的な造形によってコンテンポラリーな雰囲気を高めたグレートーンのムーヴメントを開口部から眺めることができる。

 ラウンドケースは42mmから39.5mmへとサイズダウンし、ラグもより細身のフォルムに改良。ポンプスタイルのプッシャーにはラウンド形のチップを採用して操作性を向上。スチールブレスレットは、ポリッシュ仕上げとサテン仕上げを施したケースのエッジと一体化するデザインを採用し、ケースと同じくエッジに面取りと研磨を施したことで存在感と高級感が高められている。

 スケルトンのサファイアクリスタル製ケースバックから見えるのは、1/10秒の精度を備えたエル・プリメロ 3604。スケルトンの地板とブリッジのおかげで、5Hzの高振動で動く脱進機と、注油を必要としないシリコン製のガンギ車とアンクルをしっかりと堪能することができる。星形のオープンローターを備えたこの自動巻きムーヴメントは、最長60時間のパワーリザーブが確保されている。

■Ref. 03.3300.3604/21.M3300。SS(39.5mm径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.エル・プリメロ 3604)。116万6000円


■Ref. 03.3300.3604/69.M3300。SS(39.5mm径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.エル・プリメロ 3604)。116万6000円


■Ref. 18.3300.3604/69.C922。K18RG(39.5mm径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.エル・プリメロ 3604)。236万5000円


クロノマスター スポーツ 
 セラミック製ベゼル、往年のスタイリングを継承したスポーティな3色カウンター仕様の文字盤を採用して2021年に登場した“クロノマスター スポーツ”。22年はさらにラインナップを拡充し、K18ローズゴールドの金無垢モデルのほか、ローズゴールドとステンレススチールのコンビモデルがリリースされた。

 1/10 秒表示を備えた刻印入りベゼル、ケース、ブレスレットまで、外装の主要パーツにK18ローズゴールドを採用したフルゴールド仕様のモデルは、ブラックまたはホワイトの文字盤をラインナップ。針とアプライドインデックスにもゴールドが採用されており、エル・プリメロのシグネチャーである3色のカウンターと共に文字盤にアクセントを加えている。ローズゴールドの温かみのある輝きを引き出すために、表面にはサテンとポリッシュと二つの仕上げが細心の注意を払って施されている。

 ムーヴメントは5Hz(毎時3万6000 振動)を誇り、1/10 秒単位を精確に計測するエル・プリメロ 3600を搭載。シースルーバックの裏ブタからは、ブルーのコラムホイールや、ゼニススターがあしらわれたオープンローターなど、ムーヴメントの造形を鑑賞することができる。

■Ref. 18.3101.3600/21.M3100。K18RG(41mm径)。10気圧防水。手10気圧防水。自動巻き(Cal. エル・プリメロ 3600)。440万3300円


■Ref. 18.3101.3600/69.M3100。K18RG(41mm径)。10気圧防水。手10気圧防水。自動巻き(Cal. エル・プリメロ 3600)。440万3300円


クロノマスター スポーツ 
 ステンレススチールの耐久性とローズゴールドの壮麗さを組み合わせたコンビモデル。ケースおよびブレスレットのサイドリンクはステンレススチール、ベゼル、リューズ、プッシュボタン、ブレスレットのセンターリンクはローズゴールドが採用されている。シルバーのサンレイ色文字盤には3色のサブダイアルを配置。色合いと質感の組み合わせによってアイコニックなデザインを生み出している。

■Ref. 51.3100.3600/69.M3100。K18RG×SS(41mm径)。10気圧防水。自動巻き(Cal. エル・プリメロ 3600)。198万円


【問い合わせ先】
LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス
TEL.03-3575-5861
https://www.zenith-watches.com

 

文◎船平卓馬(編集部)

オススメ記事

  1. ドイツ時計の魅力を再考する<モリッツ・グロスマン>

  2. 日本未上陸ブランド傑作選/No.3 RGM Watch(RGMウォッチ…

  3. 【この目盛ってなんのためにある?】知っているようで意外と知られてないク…

  4. 【2022年新作時計速報】オリス|最新“プロパイロットX キャリバー4…

  5. ビジネス使いでちょっと上をゆく、30万円台からの実用時計“トリカレムー…

  6. バーゼルワールドで見つけた、黒い森の気鋭ドイツ時計

  7. 【3万円以下で楽しむ、大人のクラシック時計】マディソン・ニューヨークの…

  8. 【2022年新作時計速報】ヴァシュロン・コンスタンタン|クラシックコレ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計