【タイムギア(TIME Gear)Vol.35が発売中】1万円以下から本格派まで、200ブランド以上を網羅した“腕時計購入図鑑2022”に注目!

 ウオッチライフニュースの兄弟誌といえる、カジュアルウオッチ専門媒体”タイムギア(TIMEGear)”の最新35号が発売開始!

 最新号の目玉は大特集の“腕時計購入図鑑2022”。2021年から22年に日本市場で購入できる腕時計を出来る限り網羅。アルファベット順にブランドを一挙に紹介するほか、国産時計、本格機械式時計など、注目トピックスとともに紹介していきます。

 コロナ禍による不況、製造工場の生産率の低下なども影響して、全盛期と言える十数年前の状況と比べて停滞感が強まっているカジュアルウオッチ市場。激変するマーケットのなかで、日本から撤退したブランドや休眠状態となったブランドがある反面、新たに日本での展開を開始したブランドもあり、数多くの時計ブランドが魅力的なモデルをリリースしています。


 そこで、タイムギアでは時計専門誌として培ったネットワークを生かして、いま日本市場でどんな時計が販売されているのかを徹底調査。“腕時計購入図鑑2022”と題した大特集で、1万円以下のカジュアルウオッチから、30万円台までの本格時計まで200ブランド以上を網羅するバイヤーズガイドを作成しました。



 まず、導入の小特集は“4大トレンドキーワード“と題して、カジュアルウオッチ有力時計ショップの目利きへの取材敢行。ヒアリングを基にして、2022年のカジュアルウオッチ市場でトレンドとなる可能性を秘めた4つのトピックスをクローズアップしました。



 この大特集では、導入の小特集のほか、4つのカテゴリーで時計を紹介。メインとなるのが、カテゴリー01とカテゴリー04の“最新メンズウオッチ購入図鑑”です。アルファベット順でブランドの特徴と代表モデルを一挙に紹介しています。



 海外ブランドとは異なる進化を続ける日本発の時計ブランドに注目したのが、カテゴリー02の“国産ブランドの最新動向を探る”。日本で創設されたブランドを網羅するカタログのほか、注目のデザイン、素材などについて、導入でクローズアップしていきます。



 また、カテゴリー04の“本格機械式時計ブランドカタログ”では、従来のタイムギアではあまり取り上げてこなかった本格派の時計ブランドにも注目。注目の4大トピックスと共に、30万円台までの本格時計をアルファベット順で一挙に紹介しています。



 そのほかにも、読者アンケートを基にユーザーがいま欲しいと思っている時計をリアルに選出した“読者が選んだ欲しい時計ランキングTOP15”も必見。今回も時計専門誌ならではの切り口で、魅力的なファッションウオッチを紹介していきます。今春の時計選びの参考に、ぜひチェックしてください!


【タイムギアVol.35:アマゾン公式販売サイト】
【TIMEGearの購入はコチラ】

オススメ記事

  1. 【鍛治職人と時計師の最強タッグ】ダマスカス鋼を取り入れたスウェーデンの…

  2. 時計専門誌編集長がほしかった! 海外取材で使える薄型の腕時計用ポーチと…

  3. 【厚型と薄型どちらが好み】ケースの違いに注目して選ぶ、今夏おすすめの“…

  4. 【イタリア時計は好きですか?】“トノーモデル”と“イタリア海軍コラボ”…

  5. 【知っておきたい腕時計の基本】いつか役立つ日が来るかも!? スケールの…

  6. 【時計を買うと株主になれる!?】 驚くべきクラウドファンディングの新事…

  7. 【シーン別でチョイス】フレンチベルトブランド“ロシェ”の1番の売れ筋ベ…

  8. 【注目モデルを実機レビュー】5万円以下で質感も良好、リップの“GMTダ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計