Q47.ロレックスのブレスレット&クラスプにはどんな種類があるのか【ロレックス編】

A.現在はブレスレット、クラスプともに各3種類ある

 同企画で様々なロレックスに関する豆知識を紹介してきた。今回はブレスレットおよびクラスプ(バックルとも呼ばれる)について取り上げていく。

 ロレックスは複雑な機能よりも堅牢性と耐久性を常に優先し、長く使うことを前提に開発されている。
 ブレスレットにもその思いを反映。人間工学に基づいて設計、デザインされているため快適な装着感を実現している。

 ブレスレットの種類は大きく分けて“オイスターブレス”、“ジュビリーブレス”、“プレジデントブレス”の三つだ。
 スポーツ系モデルに多く採用されるオイスターブレスは三つのコマからなる、最もベーシックなタイプ。なかでもすべてサテン仕上げされたものと中央のコマだけにポリッシュ(鏡面)仕上げが施されたものがある。
 ジュビリーブレスは主にドレス系に採用。大小異なるカマボコ型のコマ五つを組み合わせており、ほかと比べてコマ数が多いぶんフィット感に優れる。
 カマボコ型の大振りなコマを用いた3連ブレス仕様のプレジデントブレスは主にデイデイトで採用されるため、素材は18金ゴールドやプラチナのみで展開。

左からオイスターブレス、ジュビリーブレス、プレジデントブレス。三つ比べてみると印象がまったく異なるのがわかる

 なおクラスプも3種類の展開。“オイスタークラスプ”と“オイスターロック”、“クラウンクラスプ”だ。
 クラスプの先端部分を押し上げて開閉するのがオイスタークラスプで、2重ロック式でより安全性を高めているのがオイスターロック、そしてジュビリーブレスおよびプレジデントブレス用が、クラスプが無くシームレスに見える構造のクラウンクラスプとなる。

【画像】クラスプの比較画像も見る

 

文◎松本由紀(編集部)

 

【関連リンク】
■Q24.ロレックスはレファレンスナンバー(品番)でどんなモデルかわかるって本当?【ロレックス編】
■Q26.ロレックスのリューズトップにある王冠マーク下のドットなど、刻印の意味することとは何か?【ロレックス編】
■Q29.ロレックスのエバーローズゴールドは、普通のピンクゴールドとどう違うのか【ロレックス編】
■Q36.ロレックス独自の発光塗料“クロマライト”は、スーパールミノバと何が違う?【ロレックス編】
■Q39.デイトジャストに用意されている3種類のベゼルはケースの仕様で決まっているって本当?【ロレックス編】

オススメ記事

  1. 【ロレックス(ROLEX)】通信 No.008|時計専門誌編集部が記事…

  2. 【Q63】針が止まったクォーツ時計を放置してしまうとどうなるか<時計の…

  3. 上半期に世界で最も売れたものとは? ロレックス販売ランキング(1位〜5…

  4. Q41.機械式時計の振動数とは何か?

  5. 【ロレックス】通信 No.025|新旧デイトジャスト41を実機で比較し…

  6. 大丈夫ですか? サブマリーナーデイトのベゼルの汚れ!|ロレックス通信 …

  7. Q25.気温の変化で、時刻の進み方にどう影響するか

  8. Q12.“牡蠣”を意味する英語名が付くロレックスの3大発明とは?【ロレ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計