【多様なシーンで活躍!】時計ベルトのセレクトブランド“カシス”で展開している防水ベルトとは?

 欧米に比べて湿度の高い日本の夏。気候の特性に加えて、レジャーなどで屋外に出る機会も増えるため、時計のレザーベルトは汗や湿気の影響を受けやすくなる。

 そこでおすすめしたいのが、時計ベルトのセレクトブランド、“CASSIS(カシス)”がロリカやカウチックラバーをベルトの裏面に施した、高機能な“防水ベルト”。下記の五つの防水基準で、多彩なラインナップを展開している。

カシスの防水ベルトの種類一覧。こういった防水機能を基準にベルトを選ぶのもひとつの手だ

 そのなかから今回は、日常使いに最適な編集部おすすめの“アバロン”と“ミュールズ”の二つを紹介する。今夏も残りあとわずかではあるが、ぜひ参考にしてほしい。

 

【画像】アバロン、ミュールズのカラーバリエーション&ディテールをチェック!

 

》シーンを問わず使える定番ベルト
アバロン

■Ref.X1022 238。カーフ(裏面ロリカ)。ベルトの取り付け幅は12、13、14、15、16、17、18、19、20、21、22、24の12サイズ。ベルトカラーはホワイト、ブラック、クレタ、ダークブラウン、ゴールドブラウン、ダークブルー、グリーン、アッシュグリーン、レッド、パステルブルー、パステルピンク、イエローの12色(パステルブルー、パステルピンクは19、21、22、24のサイズ展開はなし)。各3850円

 撥水性や耐久性に優れたロリカを裏面に使用。クロコの型押しデザインのほか、 表面をマットな質感に仕上げ、 同色のステッチを施した定番なデザインもポイント。カラー、サイズともに豊富なのもうれしい。

 

》ドレッシーさが際立つツヤに注目
ミュールズ

■Ref.U0040656。カーフ(裏面カウチック)。ベルトの取り付け幅は18、19、20、22の4サイズ。ベルトカラーはブラック、ダークブラウン、ブラウン、ダークブルーの4色。各5500円

 上のアバロンと同じ、ワニの型押しカーフであるが、こちらはツヤ有りタイプ。裏面に採用したカウチックラバーは、ベルトの縫い目の上から覆うことで、表面の革に汗が染みこむことを防ぎ、より高い防水性を実現。

 

写真◎笠井修/文◎松本由紀(編集部)

【問い合わせ先】
シンシアー
TEL.042-438-4011
https://www.cassis-watch.jp/

オススメ記事

  1. 【5万円前後でこの満足感! 】 フランスの古豪、“イエマ”から登場した…

  2. パネライのヴィンテージモデルが、予想最高落札価格の3倍以上で落札

  3. 【女性編集者】行ってみました BAUME&MERCIER(ボ…

  4. 新米記者が見つけた! 10万円アンダーのユニーク腕時計、第5回“ZII…

  5. 【驚異の100時間超えも登場!?】機械式の限界に挑戦する、“超ロングパ…

  6. 【ロレックス、ルクルト、ブライトリング】ジャズの帝王 “マイルス・デイ…

  7. 【アンティーク購入指南クロノグラフ編】ヴィーナス、バルジュー、オメガな…

  8. 【ドラキュラも思わず欲しくなる!?】ルーマニア生まれのマイクロブランド…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計