【WLN女子部・2021年新作時計】パテック フィリップ|ハイジュエリーバージョンのローズゴールドノーチラス

 ノーチラスは、スポーティな見た目と高い実用性を兼ね備えた高級スポーツ時計、いわゆる“ラグジュアリースポーツ”というジャンルを作った、原点的モデルのひとつである、“PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ)”のアイコニックライン、“ノーチラス”。

 1976年に登場し、スイス時計界に一石を投じて以降、メンズ、レディースあわせて計25種類ものノーチラスが登場しています。

 2021年4月から開催された“WATCHES AND WONDERS 2021”において、パテック フィリップはメンズレディースともに同コレクションのみで4モデルを発表。いかにブランドがノーチラスに力を入れているかがわかります。

 今回は同イベントで発表された、新しいレディースノーチラスを紹介していきます。

 

ノーチラス・ハイジュエリー
 新たに登場したのは、ケース、ベゼル、およびブレスレットに計2553個のブリリアントカット・ピュア・トップウェッセルトン・ダイヤモンドをスノー・セッティングした、新しいローズゴールドモデルです。

 レディースノーチラス(Ref.7010)は2013年に初登場を果たしました。既存のコレクションをリデザインし、丸みを帯びた針、インデックスなどの洗練されたディテールを備えています。

 これまでに、ブリリアントカットダイヤモンド、またはバゲットカットダイヤモンド付きの、さまざまなハイジュエリー・バージョンが発表されています。そして、2013年から2018年まで、文字盤を含む時計全体に、ダイヤモンドをスノー・セッティング(別名ランダム・セッティング)したスペシャルモデル、Ref.7021/1R-001を製作してきました。

 スノー・セッティングとは、希少なセッティング技術であり、石と石の間のゴールド素材ができるだけ見えないようにすることを言います。そのため、異なるサイズのダイヤモンドを組み合わせており、一つひとつの表情が違う、世界でただひとつのモデルとなるのです。

 新作はこの貴重な伝統を踏襲しています。

 文字盤には、レディースノーチラスに特徴的な、浮き彫りされた波形のパターンに沿ってダイヤモンドがセッティングされています。もうひとつの特徴は、ケースが大きめに設計されている点。ベースとなる、既存モデルの33.6mmとは対照的に、10~4時位置の直径が、新作では35.2mmになっています。

 またダイヤを全面に配していても、視認性を追求するブランドの姿勢は変わりません。夜光付きのローズゴールドアルファ針に、夜光付きゴールド植字インデックス、そして夜光付きゴールド植字アラビア数字(12、6時位置)を配し、暗闇においても視認性を確保しています。

 ムーヴメントには自動巻きキャリバー324 Sを搭載。ムーヴメントの動きを、シースルーバック(サファイヤクリスタル製)を通して鑑賞することが可能です。

 さらに18金ローズゴールドブレスレットには、独立した四つの止め金を備え、安全性を高めた、特許取得済のパテック フィリップ折り畳み式バックルが装着され、エレガンスと快適さをともに実現しています。


■Ref.7118/1450。K18RG(35.2mm径)。3気圧防水。自動巻き(Cal.324 S)。4211万9000円

 

文◎松本由紀(編集部)

 

【問い合わせ先】
パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター
TEL.03-3255-8109
https://www.patek.com

オススメ記事

  1. “ブルガリ”の人気スケルトンウオッチから、日本限定モデルが登場

  2. 【WLN女子部】インスタ“#女子時計部”のハッシュタグで話題、女性の時…

  3. 女性編集者厳選! 女性におすすめしたい“オープンハート”3選

  4. 【2021年新作時計】モーリス・ラクロア|オープンワーク文字盤が特徴的…

  5. 【WLN女子部が自撮りで紹介】“オリビア・バートン”の新作レトロウオッ…

  6. 【クラシカルデザインとオープンハートの組み合わせ】レディースウオッチブ…

  7. 自分へのご褒美にロレックス“レディ デイトジャスト”がオススメな理由

  8. 【WLN女子部が自撮りで紹介】“リップ”のアンティーク風ウオッチを着け…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計