あの“ミスター・ロボット”に日本人時計愛好家による別注のスペシャル限定エディションが登場!

 アジムートというブランドを覚えているだろうか。シンガポールに本社を構え2003年にスタートした新興のウオッチブランドである。ルーレット台やロボット、宇宙船などをモチーフにした奇抜なデザインで日本でも話題になったため、時計好きな御仁であれば「あ〜、あのブランドね」とすぐ思い浮かぶのではなかろうか。

 さて、今回取り上げたのは、そんなアジムートのコレクションでブリキのロボットをモチーフにした代表的モデル “ミスター・ロボット”のブロンズケースバージョン(生産終了)の限定モデル。

左がオリジナル、右が今回リリースする限定エディション

 このモデルは、筆者が刊行するパワーウオッチ本誌にもコラムを連載し、さらには自身の「時計愛」論を独自のスタイルでSNS上でも発信を続けている日本人時計愛好家、ハンドルネーム「くろのぴーす」氏。彼が独立系時計メーカーとのコレボレーションで展開するシグネチャモデルの第5弾として手がけたものだ。その名も 『ミスター・ロボットくろのぴーす限定エディション「インサイドアウト」』

 鍵巻き式を模したリューズを備えるなど、昔のブリキのロボットそのままのデザインに目を奪われがちだが、左目が時表示、右目が第2時間帯GMT表示、そして口の部分がレトログラード式分表示となっているなど、実はなかなかのスグレモノ。しかもスイスETA社の自動巻きムーヴメントを搭載した機械式モデルなのである。

5本限定でリリースする 『ミスター・ロボットくろのぴーす限定エディション「インサイドアウト」』

 シグネチャモデルでは、ロボット内部の機械をモチーフとしたエングレーブがブロンズケース全体に施されており、擬似的なスケルトンを表現しているというが、どことなくスチームパンクっぽく見えてなかなかおもしろい。また、「サブダイアルのディスクをブルーにすることで、中と外がひっくり返って宇宙を取り込んでしまった様子を表現しています」(くろのぴーす氏)。まさに同氏らしいなんとも遊び心あふれるユニークな作りとなっている。

 限定本数は5本で価格は128万400円。決して実用的な時計とは言わないが、大人の遊び心が凝縮されていて、見る人に与えるインパクトは絶大。刺激的なセカンドウオッチを探している人にとっては、これ以上ない魅力的な1本になるに違いない。

文◎菊地吉正(編集部)/クロノセオリー TEL.03-6228-5335(pr@chronotheory.jp)

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。

オススメ記事

  1. 【“憧れ、こだわり、実用”の3テーマで厳選】編集部員が本気で選んだ、い…

  2. 【記念すべき第1作は“カメ”のからくり人形!?】スペインの時計職人によ…

  3. 【便利な光発電×洗練の北欧デザイン】SKAGEN(スカーゲン)の最新作…

  4. 日本製自動巻きで何と3万円台。1940年代の軍用時計を再現した新作第2…

  5. これはいいぞ! 最新作“パートナー2”をバンブーで軍用っぽくしてみた …

  6. 【1位〜5位まで一挙に紹介します】“タイムギア”読者が選んだ、欲しい腕…

  7. 【あの“ラグスポ”の名作からインスパイア!?】ロベルト カヴァリ バイ…

  8. ドイツ最強(!?)、衝撃・磁気・水に強い腕時計“DAMASKO(ダマス…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計