【秋の夜長、月見のお供にも!?】 手頃なデイリームーンフェイズ、“カル・レイモン”の魅力

 古典的で美しい“ムーンフェイズ”にこだわり、値ごろ感のある価格でムーンフェイズウオッチを手掛ける国産ブランド、カル・レイモン。その魅力を紹介していこう。

国産ならではの品質と均整の取れた意匠に注目

 カル・レイモンは2人の時計好きの若者がクラシックウオッチへの憧れからスタートさせた新進の国産時計ブランド。“リーズナブルな価格で、飽きずに長く着けたいと思えるクラシックな腕時計”を目指して国内クラウドファンディングで資金を集め、総額1200万円近くの支援金額を集めて時計の製造を実現した異色のバックグラウンドをもつ。

 そんなカル・レイモンの最大の特徴といえるのが、ムーンフェイズにこだわったコレクションを展開している点だろう。ムーンフェイズ自体は決して珍しいものではないが、機械式時計の伝統機構ということもあってか、手頃なクォーツで質感の良いムーンフェイズを探すのは意外に難しい。たとえあったとしても安価なモデルは質感がチープであることが多いのだ。

 その点、カル・レイモンはファーストモデルの完成までに約2年の歳月と200万円以上の費用を費やしており、試行錯誤を重ねて最も見やすく美しい文字盤とインダイアルを追求。何度もトライ&エラーを繰り返した結果、満足のいく黄金バランスの文字盤プロポーションを実現している。

 ファーストモデルの砲弾型アップライトインデックス、セカンドモデルの立体的なギョーシェ風文字盤など、パーツの美観にもこだわっており、3万円台と手頃な価格ながら、時計好きも満足できる質感を備えているのも魅力といえるだろう。デイリーで気兼ねなく使用するクラシックウオッチを探している人は、チェックしてみて損はないはずだ。

》美観と操作性を兼ね備えた“カレンダー&ムーンフェイズ”

 (左)サンレイ文字盤をベースに四つのインダイアルを配置。曜日、月表示は同心円状の装飾を施して視認性と美観が高められている。 (右)質感にこだわってベゼルとケースをそれぞれ別体で製作。やや長めに設計されたラグがクラシックな印象を醸し出す。

》立体的な“ギョーシェ風文字盤”が高級感を醸し出す

 (左)内側に高級感あふれるヴァーグ(波)ギョーシェ風装飾、外側にはラウンドブラッシング加工(円形のヘアライン)を施した。 (右)面を意識したパイオニアに対し、シンプリシティーはアール形状のベゼルや丸みを帯びたシックなケースが特徴となっている。

》手頃な価格と品質を両立した“メイド・イン・ジャパン”

 “安かろう悪かろう”では作る意味がない、という時計作りの哲学から、カル・レイモンの立ち上げに当たってこだわりの作り込みを妥協なく実現してくれる提携先を模索。日本全国を探したなかで、長野県にある創業1967年の精密機械加工・組み立ての製造工場で国内組み立てを実現。確かな品質を実現している。


》編集部のおすすめモデル-其の1
KARL-LEIMON(カル・レイモン)
クラシックパイオニア

 黄金バランスを追求した“トリプルカレンダームーンフェイズ”に加えて、38㎜という程よいサイズ感がクラシックな雰囲気を醸し出す。ケースバック側にメタルリングを入れることでムーヴメントをケースに固定し、安定感と適度な重厚感で高級な雰囲気を作り出しているのも魅力。程よいサイズ感がクラシックなスタイルと見事にマッチ。上品な雰囲気なのでビジネスシーンでも着けられそうだ。

■SS(38mm径)。日常生活防水。クォーツ(Cal.Miyota 6P00)。(右)シルバー×ホワイト。3万4100円(左)ゴールド×ブラック。3万6300円

 


》編集部のおすすめモデル-其の2
KARL-LEIMON(カル・レイモン)
シンプリシティー

 ムーンフェイズを際立たせたセカンドコレクション。機能をシンプルにしたことで物足りない印象とならないように、立体的な造形を採用。ユーザーからの要望に応え、アラビア数字と交互に用いたバーインデックスと時分針にはパイオニアでは見られなかった夜光機能が備えられている。サイズは38mm。ケースの上にひと回り小さいベゼルを備えるため、少し小振りな印象を感じさせる。

■SS(38mm径)。5気圧防水。クォーツ(Cal.6P24)。(右)シルバー×ブラック。3万3550円(左)ゴールド×ブルー3万5750円

【問い合わせ先】
カル・レイモン(info@karlleimonwatches.com)まで
公式サイト: https://karlleimonwatches.com

 

文◎船平卓馬(編集部)

オススメ記事

  1. 【数量限定のデビューモデルも!】働く女性のニーズに応える“セイコー ル…

  2. 【ソ連時代、北極圏探索を成功させた時計が復活】ロシアブランド、シュトゥ…

  3. 【国産時計の語れるうんちく】知れば知るほど面白い時計の“歴史”-第4回…

  4. 【これからは文章で時間を知る時代!?】針もインデックスもない時計、QL…

  5. 厚さ2.1㎜! 進化した世界最薄の光発電“シチズン エコ・ドライブ ワ…

  6. 【今年も出ました!】G-SHOCK(ジーショック)の定番ギフト、“LO…

  7. 新作時計を価格別に紹介!【100万円オーバー】

  8. スーパーチタニウムを纏った新エコ・ドライブ Bluetooth

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計