【動画】GERMAN WATCH.jp の編集長が語る!「ドイツ時計産業の意外な歴史」について

 現在、日本橋三越本店本館6階ウォッチギャラリーにて開催中の“ドイツ時計フェア2020”。東西ドイツ統一を果たした1990年10月3日からちょうど30年目になったことを記念して、17ものドイツブランドが参加。腕時計からクロックに至るまでドイツ時計が一気に見られるという、まさに時計好きには見逃せない催しだ。

 今回の開催にあたっては、我々Watch LIFE NEWS編集部が運営するドイツ時計専門のウエブマガジン「GERMAN WATCH.jp」も構成に協力。去る6月20日には開催を記念して当WEBサイトの編集長である“菊地吉正”が、会場からインスタライブにて、ドイツ時計産業の歴史についてもわかりやすく解説させていただいた。

その動画はコチラ!

 なお、ドイツ時計フェアは7月7日(火)まで開催している。全17ブランドを一度に見られるのは、ほかではほとんどないこと。時間があればぜひ当フェアにも一度立ち寄ってみてほしい。
■開催概要
・開催期間: 7月7日(火)まで
・開催場所:日本橋三越本店本館6階ウォッチギャラリー
・問い合わせ先:03-3241-3311
・参加ブランド(アイウエオ順)
【腕時計】A.ランゲ&ゾーネ、ヴェンペ、クドケ、グラスヒュッテ・オリジナル、ダマスコ、トーマス・ニンクリッツ、D.ドルンブルート&ゾーン、ノモス・グラスヒュッテ、ヘンチェル、ポルシェデザイン、モリッツ・グロスマン、ユンハンス、ラング&ハイネ
【クロック】ウルゴス、エルウィン・サトラー、キニンガー、ヘルムレ

文◎Watch LIFE NEWS 編集部

オススメ記事

  1. かつて人気を博した90年代の時計たち!【第2回|IWC GSTアクアタ…

  2. やっぱり旧型が買いかも!?

  3. 【第1回】「ポストヴィンテージ」ってご存じですか? 今後ぜひ注目してお…

  4. 【予算10万円台で買う満足時計】これからの時代、10万円台でも3日巻き…

  5. 【ロレックス】通信 No.024|初代GMTマスターのパンナムモデルが…

  6. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.04】オーデマ ピゲ

  7. 【実機レビュー】 キングセイコーの2代目を忠実復刻した限定モデルはサイ…

  8. 36mm径の旧型エクスプローラー I を再考する|菊地の【ロレックス】…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計