菊地の【ロレックス】通信 No.072|ロレックス史上3番目。ポールが愛用したもうひとつのデイトナ|12月18日の定点観測は軒並みダウン!

ⓒGeoffrey Hewitt Photograph Collection

 12月18日時点での実勢価格をお伝えする前に、先週(現地時間の12月12日)開催されたフィリップスのオークションの話題をひとつ。

 フィリップスといえば、2017年に出品されたロレックスのコスモグラフ デイトナが、腕時計史上では最高落札額である1772万5000USドル。当時の為替レートで約20億円を記録した。これは俳優ポール・ニューマンの妻で女優のジョアン・ウッドワードが、1968年にポールに贈ったもので、生前に実際に愛用した手巻きデイトナの第1世代、Ref.6239である。

2017年に出品され約20億円で落札されたデイトナ。ポール・ニューマンが実際に愛用していたRef.6239。通称エキゾチックダイアル、別名をポール・ニューマンダイアルとも呼ばれる由来となったモデルだ

 しかもこの個体は現在オークション市場で最も注目される、いわゆるポール・ニューマンダイアル(エキゾチックダイアルとも言う)仕様。その愛称の由来ともなった本人が所有していたというのだから、注目を集めないわけがない。しかも出品者は彼の娘であるネル・ニューマン氏が “ネル・ニューマン財団”を立ち上げるにあたって出品したという経緯からも、その出自の確かさもあってワールドレコードを記録するに至ったというわけである。

 しかし、そんな彼が愛用していたデイトナが実はもう1本あったのだ。それが去る13日(日本時間)に開催されたフィリップスのオークションに出品されたのである。

今回出品されたRef.6263。前回のRef.6239と比べると文字盤がスタンダードなのがわかる

 これは結婚25年目を記念して妻から贈られた手巻きデイトナ第3世代のRef.6263だ。ポール・ニューマンが亡くなった2008年に娘のクレア・オリビア・ニューマンへ譲られたという代物。その裏ブタには内容こそ違うものの前回出品されたRef.6239と同様に「Drive slowly Joanne」というメッセージが刻印されている。これはポール・ニューマンが1965年にバイク事故で負傷したことを気遣って付けられたものだ。

 そして今回は547万5000ドル(約5億7000万円)で落札された。前回の落札額である約20億円には残念ながら遠く及ばないものの、これもロレックス史上においては3番目の高額落札となったのである。

 さて本題、今回の定点観測だが、先月と比較して驚いたことに微減ではあるものの軒並みダウンしている。上がったのはデイトジャストとエクスプローラー I だけだ。例年だと12月というのは需要が高まるため相場が上がるのが当たりまえの時期。リーマン・ショック直後の年末ほど酷くはないが、それにしてもこの時期に下がるのはそれ以来だと思う。それだけ動きが鈍ってきたということなのだろうか。いずれにせよ上がりかたが異常すぎたということだけは言えるだろう。

■ 主要11モデルの月間ロレックス相場(11月13日更新)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【GMTマスターII/Ref.126710BLRO】国内定価102万800円
・実勢価格:221万円→213万円(↓) 先月より8万円ダウン(先週より3万円ダウン)

【デイトナ/Ref.116500LN】国内定価138万7100円
・実勢価格:287万円→286万円(↓) 先月より1万円ダウン(先週と変わらず)

【サブマリーナーデイト/Ref.116610LN】国内定価94万3800円
・実勢価格:152万円→151(↓) 先月より1万円ダウン(先週より1万円ダウン)

【サブマリーナーデイト グリーン/Ref.116610LV】国内定価98万7800円
・実勢価格:212万円→208万円(↓) 先月より4万円ダウン(先週と変わらず)

【ミルガウス/Ref.116400GV】国内定価87万6700円
・実勢価格:100万円→98万円(↓) 先月より2万円ダウン(先週より2万円ダウン)

【ヨットマスターロジウム/Ref.126622】国内定価126万5000円
・実勢価格:163万円→159万円(↓) 先月より4万円ダウン(先週より3万円ダウン)

【ディープシー/Ref.126660】国内定価133万1000円
・実勢価格:157万円→154万円(↓) 先月より3万円アップ(先週より2万円ダウン)

【エアキング/Ref.116900】国内定価67万6500円
・実勢価格:84万円→84万円(→) 先月と変わらず(先週と変わらず)

【デイトジャスト/Ref.126200】国内定価74万3600円
・実勢価格:76万円→78万円(↑) 先月より2万円アップ(先週より4万円アップ)

【エクスプローラーII/Ref.216570】国内定価87万5600円
・実勢価格:119万円→117万円(↓) 先月より2万円ダウン(先週より2万円ダウン)

【エクスプローラーI/Ref.214270】国内定価68万7500円
・実勢価格:95万円→98万円(↑) 先月より3万円アップ(先週と変わらず)

協力◎PHILLIPS(フィリップス)日本支社、TEL.03-6273-4818

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。

オススメ記事

  1. 【第8回】ポストヴィンテージ時代の腕時計|1990年代のチュードル『ク…

  2. 【ロレックス】通信 No.010|気になる増税後、スポロレは下げ止まり…

  3. 【第3回】世界を襲った未曾有の経済危機

  4. 【ロレックス】通信 No.033|新型コロナの影響か、最大17万円の下…

  5. 【第3回】ポストヴィンテージ時代の腕時計|流行したカラー文字盤と多面カ…

  6. 【第5回】ポストヴィンテージ時代の腕時計|世界初の自動巻きクロノグラフ…

  7. 勝手に実機でインプレッション【5回】ラング&ハイネ/ドイツ時計

  8. 【ロレックス(ROLEX)】通信 No.004|わずか1、2カ月で約5…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計