【旋盤から新たに製作!?】ハンドギョーシェ文字盤が美しい、“ルイ・エラール”のクラフトラインシリーズ第二弾

スイス発のウオッチブランド、“LOUIS ERARD(ルイ・エラール)”からこの度、昨年発売されたクラフトラインシリーズ ハンドギョーシェの第二弾モデルが登場。
本作は伝統的な時計製造技術と現代の工芸の融合を図るルイ・エラール社が発信する意欲的なモデルだ。

ブランドは古の伝統技術と現代の芸術を融合させたものをアーティスティッククラフトラインとして発表している。
今回の新作は18世紀にブレゲが発明した装飾技術、ギョーシェを用いているのが特徴。古典的な枠組みにとどまらず、革新的で現代的な新しい領域を切り開いているのだ。

時計本体の仕様は前作同様トリプティックシリーズのスモールセコンドタイプから秒針を取りのぞいた2針タイプの自動巻きモデル。

 今回のギョーシェパターンはヴィクトル・ヴァザルリ(フランスの芸術家)のオプ・アート作品(視覚の錯覚を利用したトロンプ・ルイユの様な作品)を彷彿とさせる、大きなダイヤモンドをメインモチーフにした大胆なデザイン。
文字盤をより際立たせるためブランドロゴも廃し、緻密な文様を堪能できるようにした。

ギョーシェは約100年前に作られた手動旋盤を使用。大胆かつ緻密な彫刻を、小さな文字盤上で表現している。
また新しいパターンの彫刻を施すため、旋盤のデザインは専用のものを新たに製作。
なお今回も同じ職人がひとつずつ丁寧に文字盤を製造している。

このモデルにはグレインレザーの新しいベルトがセットされる。こちらはクイックチェンジ式のため工具なしで簡単に付け替えが可能だ。

 

LOUIS ERARD(ルイ・エラール)
Excellence Guilloche Main 2(エクセレンス ギョーシェ2)

■Ref.LE34237AA95BVA103。SS(42mm径)。自動巻き(Cal.SW261-1)。世界限定99本。63万8000円(2022年3月中旬発売予定)

 

【問い合わせ先】
大沢商会
TEL.03-3527-2682
https://www.josawa-watch.com/louis_erard.html

オススメ記事

  1. 【注目の日本未上陸ブランド】ニューヨーク発のBREW WATCH(ブリ…

  2. 【表情がクルクル変わる!】ユニークなリストモンシリーズ最新作は、道化界…

  3. 【有人宇宙飛行60周年を祝う!】シュトゥルマンスキーから日本限定のアニ…

  4. 【ダイバーズと防水時計は違う!?】意外と知らない時計の基礎知識-第2回…

  5. 【1万円台で探しました】34mm〜38mmまで、手首にフィットする“コ…

  6. 【新作時計ニュース】北欧デザインの巨匠“アルネ・ヤコブセン”の名作を腕…

  7. “セイコー5スポーツ”と世界から注目される日本のブランド、“エヴィセン…

  8. 【予算1万円で編集部が選出】コスパ抜群、デイリーユースで使える“3針モ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計