【チャンピオンシップホワイトがかっこいい】カシオの“エディフィス”と“ホンダ・レーシング”のコラボモデルに注目!

 カシオは“Speed and Intelligence”をコンセプトとした高機能メタルウオッチ“エディフィス”の新製品として、“ホンダ・レーシング”とのコラボレーションモデルである“ホンダ・レーシング エディション ECB-S100HR”を2021年10月15日に発売する。

 ホンダ・レーシングは、ホンダが世界で展開するモータースポーツ活動の総称。ホンダ・レーシングとエディフィス は、ともに高度な技術を駆使した日本発のブランドとして世界へ挑み続ける姿勢が相通じることから2018年よりコラボレーションを実施している。

ECB-S100HR

■Ref.ECB-S100HR。SS(50×46mmサイズ)。10気圧防水。タフソーラー。4万6200円(2021年10月15日発売予定)

モチーフとなった“RA271”

 

 今回発売するECB-S100HRは、ホンダのF1参戦の歴史とこれまでの功績に敬意を表し、1964年に日本の自動車メーカーとして初めてF1に参戦し、白い車体と赤い日の丸が特徴のマシン“RA271”をモチーフにデザインとした。車体に施されたホワイトは“チャンピオンシップホワイト”と呼ばれ、同社のレーシングスピリットを象徴するカラーとなっている。
 このホワイトを表現するため、本物の塗料を文字板の外周リングに使用するとともに、インダイアルやボタンにレッドの差し色をあしらっている。ガラス外周部にはチェッカーフラッグをイメージしたパターン印刷を施し、ホンダの栄光を称える思いを込めたという。本革ベルトには、表面はホワイト、裏面にはレッドのツートンカラーを採用している。

 装着性の良い薄型、ミッドサイズでわずかな光でも駆動するタフソーラーやBluetooth搭載、高輝度なダブルLEDなど機能面も充実している。専用アプリと連携し、自動で時刻の修正や世界約 300都市からワールドタイムの設定が行えるのも特徴的だ。
 また、時計のボタン操作で現在の時刻と位置をアプリの地図上に記録し、行動ログとして管理できるタイム&プレイス機能をエディフィスで初めて搭載。9時側のインダイアルには、アラーム時刻やタイマーのタイムアップ30分前から残り時間を確認できるカウントダウンインジケーターを採用した。

 付け替え用のナイロンベルトが同梱されているため、気分やシーンによってベルトを交換することが可能なのも、ユーザーにとってうれしいポイントと言えるだろう。

 

 ホンダの栄光を時計のデザインに見事に落とし込んだ、このカシオの最新作をぜひチェックしてもらいたい。

 

 

【問い合わせ先】
カシオ計算機 お客様相談室
TEL.03-5334-4869
https://www.casio.com/jp/

オススメ記事

  1. 【2021年新作】モンブランが新たに投入した、“1858 プロダクトラ…

  2. 【10万円以下で満足感高め】1940年代〜50年代の時計を再現した、“…

  3. 【3万円台のイチオシ時計を実機レビュー】ミリタリーとオクタゴンケースを…

  4. 【人気が再燃の予感あり!?】大人のオフスタイルにおすすめしたい“小顔ミ…

  5. 【2度見必至!?】個性派オリエントの傑作モデルが進化して帰ってきた!

  6. 【お待ちかねの1位〜5位まで】“タイムギア読者が選んだ欲しい時計ランキ…

  7. 【八角形のケースが個性的】“オロビアンコ”の“オッタンゴラ”にメッシュ…

  8. 大人の女性にすすめたい、トレンドのくすみカラーをまとう新作レディースウ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計