ブランドのデザイン哲学にひねりを利かせた、“ジラール・ペルゴ”の最新スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨンに注目

 2021年でブランド創立230周年を迎える“GIRARD-PERREGAUX(ジラール・ペルゴ)”。1975年に誕生したアイコニック的な“ロレアート”や、単なる技術的な要素であったブリッジを文字盤に配したデザインが印象的な、“スリー・ゴールドブリッジ トゥールビヨン”など、数々んタイムピースを生み出してきた。

 この度、そんな主力のスリー・ゴールドブリッジ トゥールビヨンのデザイン哲学を魅力的な“ひねり”を加え、新たに“スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン”として発表した。

 

》新作はブリッジコレクション最後のサブファミリー
 今年はジラール・ペルゴの創業230周年にあたり、これを記念し、ブランドを象徴するモデルに新しい解釈を加えた多くの新作を発表予定。新作のスリー・フライング ブリッジ トゥールビヨンもそのうちのひとつ。

 文字盤中央には、上面と下面にブラックPVDコーティングが施されたピンクゴールド製の三つのネオブリッジが備わる。なおネオブリッジが三つともこの素材になるのは今作が初となる。

 各ブリッジは小さな柘植材の工具を使って、手作業で入念に面取りが施されている。これは何百年も採用されてきた技法で、完璧な仕上がりにするには、熟練の職人でも丸1日かかる。

 なお2020年に発表されたフリー ブリッジに続くこの新作は、ブリッジコレクションに加わる最後のサブファミリーとなる予定だという。

 現代的に見えるスリー・フライング ブリッジ トゥールビヨンだが、それでも高級時計にふさわしく、伝統的な技法が数多く駆使されている。

 三つのブリッジは輪列、香箱、トゥールビヨンを支えているだけでなく、地板の役割も果たす。その結果、ブリッジは空中に浮かんでいるように見え、まるで重力の影響を受けていないかのようなデザインに。

 こうした独特な構造とするためには、インデックスをフランジに取り付け、さらにフランジをケースに取り付ける必要があった。

 さらにこの時計の顕著な特徴のは、文字盤のさまざまな要素を異なる高さに配置した三次元的なフォルムをしていること。これは世界屈指の精緻な建築物にも共通して見られることだ。

 

》裏と表から見てもスッキリとしたデザイン
 複雑であるにもかかわらず文字盤は美しく、すっきりとしていて視認性も配慮。また香箱、輪列、トゥールビヨンが一直線の軸に沿って並べ、裏ブタからの見た目も考慮。

 香箱は時計の上部に配され、その下に取り付けられたホワイトゴールド製のマイクロローターが手首の動くエネルギーを動力化。ローターの垂直な側面には時計のモデル名が刻まれており、このマニュファクチュールの細部へのこだわりを物語る、巧みなディテールとなっている。

 時計の下部に配置されたトゥールビヨンケージは、グレード5チタン製。ケージに取り付けられたブルーの針はスモールセコンドの役割を果たす。トゥールビヨンケージは79個の部品で構成されていながら、重さはわずか0.25グラムしかない。

 風防に採用されたサファイアクリスタルは、側面がゆるやかに傾斜し、カーブしながらミドルケースの外端へと落ちたデザインとなっているため、このモデルではベゼルは使用されていない。この魅力的な美観を実現するために、通常のサファイアクリスタルの4倍から5倍の材料が用いられているという。

 さらに、クリスタルボックスを研磨して完璧に仕上げるには、優れた技能が必要となる。このサファイアクリスタルをつくるために、熟練の職人は練習を繰り返し、似たようなクリスタルボックスをつくらなければならなかった。

 ジラール・ペルゴのCEO、パトリック・プルニエ氏はこう述べる。
「私たちがつくりたいと考えたのは、過去への架け橋となりながら、同時に未来へのビジョンを示すような時計でした。職人や時計師の技能を駆使しながら、伝統的な技法と革新技術を組み合わせたような時計です。スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨンは立体的な構造をしており、通常は奥に隠れている多くの部品を眺めることができます。当初から、ジラール・ペルゴは見えないものを見えるようにしてきました。今後230年間も、この路線で行けたらよいと思っています。しかし、私たちのチームは少しひねりを加え、ブリッジをゴールド製としながらも、側面以外はブラックPVDで覆うことにしました。これこそラグジュアリーの名にふさわしい贅沢の代名詞ともいえる特徴は、目の肥えた人を除き、普通の人なら見過ごしてしまうでしょう」

 

GIRARD-PERREGAUX(ジラール・ペルゴ)
スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン

■Ref.99296-52-001-BA64。K18PG(44mm径)。30m防水。自動巻き(Cal.GP09400-1273)。CHF 138,300(日本円約1663万円)※2021年9月換算

 

【問い合わせ先】
ソーウインド ジャパン
TEL.03-5211-1791
https://www.girard-perregaux.com/jp_jp/

オススメ記事

  1. 【ゴジラファン必見!】“ゴジラ S.P(シンギュラポイント)”とコラボ…

  2. 【男女ともに使えるデザインが嬉しい】“TiCTAC(チックタック)”か…

  3. 【スケスケ具合に惚れました】イタリア・ミラノ発の時計ブランド、“アット…

  4. 新作時計を価格別に紹介!【10〜30万円③】

  5. 【WLN女子部発・2020年新作時計速報】エルメス(HERMÈS)

  6. 【二つのシンボリックなリミテッドモデル】“ノルケイン”の人気コレクショ…

  7. 【2020年新作時計速報】エルメス(HERMÈS)

  8. ドイツ最強(!?)、衝撃・磁気・水に強い腕時計“DAMASKO(ダマス…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計