【10分間だけの時間限定で販売】独立時計師“浅岡肇”氏がこだわり抜いた文字盤を堪能できる、新作“朱鷺:TOKI”が21日(金)限定販売

 世界には数多くの時計ブランドが存在するが、そうしたブランドや企業に属さず個人で時計製造を行う時計師のことを、“独立時計師”と呼ぶ。時計業界では、独立時計師アカデミー(Académie Horlogère Des Créateurs Indépendants、通称アカデミー)と呼ばれる、国際的な組織に属するメンバーを指すことが多い。

 2021年現在、アカデミーメンバー(正会員)は31人おり、日本人でメンバーとして認められているのはわずか二人のみ。そのうちの一人が浅岡肇(あさおかはじめ)氏だ。

 浅岡氏は2009年に日本で初めてトゥールビヨン腕時計を作ったことで有名であり、彼が独立時計師としてすべての工程を手がける時計は希少価値が高く、顧客には王族や世界的コレクターが名を連ねていることでも知られる。

 東京藝術大学を卒業後はデザイナー業を行なっていたが、デザイナーの仕事はクライアントの意向に沿って製品やプロダクトを作ることが前提となり、純粋に自身の美意識やこだわりを具現化した作品を作ることができなかったため、独⽴時計師となった。浅岡氏は、手がけた時計はすぐに顧客に納品しなければならず、また自身が着ける時計が欲しいという理由により、海外向けブランドである“KURONO BUNKYŌ TOKYO(クロノ ブンキョウ トウキョウ)”というブランドを立ち上げた。

 なお彼の“プライベートウオッチ”という同じコンセプトをもつ“クロノトウキョウ”は国内向けブランドである。浅岡氏のデザインアプローチの根幹には、“自身のデザインに妥協しない”という確固たる信念がある。その好例が、クロノ ブンキョウ トウキョウから明日5月21日(金)に発売される、新作の“朱鷺:TOKI”である。

 新作は、日本特有の洗練された色を目指して製作されており、文字盤には日本の歴史と関わりが深く、最も古い日本の正史である“日本書紀(720年)”のなかに登場する、“朱鷺(とき)”の羽の色をモチーフにしたカラーが採用されている。

 文字盤は素地となる金属と、塗料のレイヤーの厚みの微調整によってのみ生み出されるもの。文字盤の色は塗料の厚みにより変化し、実物が最終的に出来上がるまでは色味がどのようになるかわからない。そのため、理想の色に辿り着いたあとも、輝きなどの微調整をするなど、試作から完成まで1年ほどかけたという。

 外装のディテールにも、美観と実用性に対する徹底したこだわりが反映されている。ケースサイズは、日本人の手首にフィットする37mm径を採用。ボックス型のサファイア風防、針の先端とボンベダイアルに見られる優美なカーブ、エッジを備えたアップライトインデックスなど、クラシカルなテイストも魅力的だ。

 鍛造のステンレススチール製ケースには、高級感を生み出す鏡面仕上げが施されるなど、細部に至るまで工夫がなされている。また“日本から海外に挑戦する”というブランドコンセプトを実現するべく、日本国内で組み立てられた、安定性の高い日本製ムーヴメントであるミヨタ製のキャリバー90S5を採用しているのもポイント。

 

 実物を見ていないため、浅岡氏がこだわった朱鷺の羽に見られる独特の桃色を反映したという文字盤の実際の色は気になるところ。かつ37mmという絶妙なサイズ感にもとても引かれる。細部までデザインバランスや品質にこだわった本格機械式時計でありつつ、10万円台と手の届く価格帯であることも大きな魅力。独立時計師の浅岡肇氏が手がける時計が気になっていた人や、デイリー使いできる高品質な機械式時計を探していた人にぜひおすすめしたいモデルである。

 販売期間は日本時間で5月21日(金)の23:00~23:10の10分間のみ。これまでは数量限定という展開をしてきたが、数分間のうちにすべて完売してしまうため(前回のクロノグラフ2の500本が、3分5秒で完売)、今回はより多くの人に平等に時計が行きわたってほしいというブランドの意図により、販売時間を限定しているという。

 このモデルが手に入るのは今回限りだが、時間内に購入手続きを終えた全員には時計が行きわたるとのこと。

 公式ホームページにて販売を受け付けるため、欲しい方は明日の夜まで待機だ。

【KURONO BUNKYŌ TOKYO 公式ホームページ】
https://kuronotokyo.com/

 

KURONO BUNKYŌ TOKYO(クロノ ブンキョウ トウキョウ)
アニバーサリーエディション 朱鷺:TOKI

■Ref.CU001A。SS(37mm径)。3気圧防水。自動巻き(Cal.90S5)。18万9900円(シンガポールからの発送)

 

文◎松本由紀(編集部)

 

【問い合わせ先】
KURONO BUNKYŌ TOKYO
https://kuronotokyo.com/

オススメ記事

  1. モンディーンが“誰かにシェアしたい、私の2秒”ムービーを募集中!

  2. 【イタリア時計は好きですか?】“トノーモデル”と“イタリア海軍コラボ”…

  3. リシャール・ミル、知事とくまモンから熊本地震復興支援に対する感謝状を授…

  4. 【ニューヨーク発】ドリームチームが3年かけ完成させた、TULLOCH(…

  5. 【ソ連時代、北極圏探索を成功させた時計が復活】ロシアブランド、シュトゥ…

  6. 【1960年代の時計からインスパイア】時計王国スイス発、日本未上陸の独…

  7. 【WLN女子部発】定番のフォルムとはひと味違う! ユニークな変形ケース…

  8. セイコーウオッチが、日本初のグランドセイコーブティックを創業地・銀座に…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計