【ルーローブレスがラバーベルトに?】ブライトリングが新たに発表した、“スーパー クロノマット”コレクションとは

 イタリア空軍所属のアクロバット飛行チーム、“フレッチェ・トリコローリ”とのコラボレーションにより誕生した、“BREITLING(ブライトリング)”の“クロノマット”。

 この度、ブランドがこれまでに発表したなかで最も大胆で、一段と力強いデザインとなった、新作“スーパー クロノマット”コレクションが発表された。

》発表されたスーパー クロノマット、全モデルの共通点
 スーパー クロノマットは、頑丈さとスタイリッシュさのバランスを極めた時計を求めるユーザーにとって、たまらない仕様に仕上げられた。

 主な特徴としては、クロノマットでは初となる、セラミックがインサートされたステンレススチール製ベゼルを採用している点が挙げられる。

 そして、アイコニックなバタフライクラスプ式のルーローブレスレットと、そのルーローブレスレットにインスパイアされた新登場のラバーベルトの、2タイプから登場。

 ちなみにこの新設計のラバーベルトは、最先端の射出成形技術を用いて作られており、マット(つや消し)、スリック(滑らか)、ウーブン(織り柄)という三つの異なる質感が、抜群の深みを生み出している。

 またオリジナルのクロノマットと同様、カウントダウン、カウントアップに使用できる、入れ替え可能(3時位置と9時位置)なライダータブがサファイアクリスタルを保護。ケースサイズは44mm径を採用した。

 

BREITLING(ブライトリング)
スーパー クロノマット B01 44

■(左)Ref.AB0136161C1A1。106万7000円。(右)Ref.AB0136161C1S1。102万3000円。ともにSS

■(左)Ref.AB0136251B1A2。121万円。(中)Ref.AB0136251B1A1。106万7000円。(右)Ref.AB0136251B1S1。102万3000円。すべてSS

■(左)Ref.RB0136E31Q1R1。416万9000円。(右)Ref.RB0136E31Q1S1。280万5000円。ともにK18RG

■共通スペック/すべて44mm径。200m防水。自動巻き(Cal.ブライトリング01)

 最初に紹介する“スーパー クロノマット B01 44”は、三つのバージョンで展開。二つはステンレススチール製で、ブルーまたはブラック文字盤とベゼルの組み合わせ。三つ目のモデルは、深みのあるブラウン文字盤とベゼルに、K18レッドゴールドのケースを組み合わせたものだ。なおすべてのモデルに、コントラストが効いたシルバーのクロノグラフカウンターが搭載されている。

 さらに、UTC(協定世界時)モジュールをルーローブレスレットに組み込んだスペシャルバージョンも用意(Ref.AB0136251B1A2)。UTCは1980年代から提供しているブライトリングのユニークな機能で、第2のタイムゾーンを把握するためのものだ。

 搭載されたCOSC公認の自社製キャリバーブライトリング01は、パワーリザーブがおよそ70時間持続。防水性は200m防水と、十分なスペックを備えている。

 

スーパー クロノマット 44フォー イヤー カレンダー

■(左)Ref.I19320251B1A1。182万6000円。(右)Ref.I19320251B1S1。174万9000円

■(左)Ref.U19320161C1U1。206万8000円。(右)Ref.U19320161C1S1。190万3000円

■共通スペック/すべてSS×K18RG(44mm径)。100m防水。自動巻き(Cal.Breitling 19)

 次に紹介する“スーパー クロノマット 44フォー イヤー カレンダー”はその名の通り、閏年に1度、つまり1461日ごとに一度だけ調整が必要なセミパーペチュアルカレンダー機構を備えているのが最大の特徴。

 ブラック文字盤に同系色のクロノグラフカウンター、ブラックセラミックがインサートされたステンレススチール製ベゼルに、K18レッドゴールド製エレメントを備えた仕様と、ブルー文字盤に同系色のクロノグラフカウンター、ブルーセラミックがインサートされたK18レッドゴールド製ベゼルの、二つのバージョンで展開。

 なおデイ&デイト、月、ムーンフェイズを表示するセミパーペチュアルカレンダーが搭載された、COSC認定のクロノグラフムーヴメントである、自動巻きキャリバーブライトリング19で駆動する。

 

【問い合わせ先】
ブライトリング・ジャパン
TEL.0120-105-707
https://www.breitling.com/jp-ja/

オススメ記事

  1. ルーツのフランクフルトへのオマージュを込めた新作

  2. ムーンライト表示を備えたハンティングクロノグラフが登場

  3. スイス公式国鉄時計を手掛けるモンディーンが75周年! 記念限定モデルの…

  4. 90年代の人気ブランド“アイクポッド”が復活! デザイン性、品質、手…

  5. 【ミドー新作情報】本格ダイバーズウオッチにGMT機能をプラス、“オーシ…

  6. ドイツの腕時計ブランド“STOWA”(ストーヴァ)から、渋谷PARCO…

  7. 新作時計を価格別に紹介!【30~50万円】

  8. 【スマートウオッチの新ジャンル!?】デザインと機能を両立した、ディーゼ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計