【腕時計が車と一体化⁈】TISSOT(ティソ)が今年もアルピーヌとのコラボモデルを発表

TISSOT(ティソ)とフランススポーツカーメーカーALPINE(アルピーヌ)のパートナーシップは、アルピーヌがALPINE A110と共に参加した1973年の世界ラリー選手権やラリー・モンテカルロ、1978年のル・マン24時間レースのようなタイトルを数多く獲得した1970年代にまでさかのぼる。

以来、強い絆で結ばれたティソとアルピーヌの強力なパートナーシップの証として、今年もALPINE A110のためのクロノグラフウオッチが誕生した。

シリアルナンバー入り、世界限定516本で展開する“ティソ アルピーヌ オン ボード オートマティック”は、新しいALPINE A110Sのパートナーになるべく誕生したオン ボード ウオッチだ。このクロノグラフはドライビングパフォーマンスを向上させる良きパートナーであり、オーナーに特別なドライビング体験と喜びをもたらすべく、細部にまでこだわって開発された。

昨年に続き、今回も“オン ボード ウオッチ”というコンセプトを継承。腕時計の状態からケースを外して、ダッシュボードのマルチメディアスクリーン用フレームに取り付けることで、ドライバーは運転中も腕元に視線を落とすことなく時間を確認できる。
今年はさらに進化を遂げ、新たに専用スタンドを開発。オーナーは腕時計からオン ボード ウオッチへ、そして愛車を離れている時、例えば自宅やオフィスではテーブルクロックとして、いつでもその高精度を身近に堪能することができるようになった。

ムーヴメントには、まるで車のエンジンのように精巧かつ複雑なつくりが美しいValjoux A05. H31を採用。クロノグラフムーヴメントの最高峰とうたわれるValjoux社製のなかでもハイエンドモデルに採用されているこのムーヴメントは、最長60時間のパワーリザーブを誇り、オートマティッククロノグラフとしての完成度の高さを表している。

デザイン面では、ALPINE A110Sのブレーキキャリパーやシートステッチに配された鮮やかなオレンジカラーにインスパイアされ、インデックスやクロノグラフ針、プッシュボタン上のリング、そしてベルトに同様のアクセントを施した。また、時分針やピストン形のプッシュボタン、パンチングレザーレザーベルトなど随所にスポーティなテイストを盛り込んでいる。文字盤には1960年代~70年代にかけて人気を博した、かのBerlinette(ベルリネッタ)のメーターの雰囲気をさりげなく採用している。

【ティソ アルピーヌ オン ボード オートマティック】

Ref.T123.427.16.081.00。SS(45mm径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.Valjoux A05.H31)。世界限定516本。27万600円※2020年10月下旬発売予定

【問い合わせ先】

ティソ
TEL:03-6254-7361
ティソ 公式サイト
www.tissotwatches.com

オススメ記事

  1. ゼロからわかる、大人のデジタル時計選び【第1回-意外に知らないデジタル…

  2. 国内初上陸! ドイツ時計“ツェッペリン”が日本未発売モデルの本格展開を…

  3. 春を先取り! お花見しながら着けたい、桜をテーマにしたセイコー限定ウオ…

  4. 【スケスケ具合に惚れました】イタリア・ミラノ発の時計ブランド、“アット…

  5. 【バッグのトップブランドの本気時計!?】あの“ハンティング・ワールド”…

  6. 新上陸のヴィルヘルムが新作の先行予約をスタート!

  7. セイコー“クラウン クロノグラフ”ほか、国産クロノの名作が進化を果たし…

  8. 【台所のシンクと何が違うの!?】意外と知らない時計の基礎知識-第3回は…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計