【ドイツ時計のいまに迫る】WLN新作ニュース番外編 ー 10万円台アンダー

 1990年10月の東西ドイツ統一から30年というアニバーサリーイヤーを迎えた今年。現在日本では、比較的に廉価なカジュアル時計ブランドも含めると、実に37ものドイツブランドが展開している。

 そこで今回から、37ブランドのなかで厳選した9ブランドの新作情報を価格別に分けて、全3回に渡りお届けしていく。今年は例年と違い新型コロナウイルスの影響で、新作の発表自体を延期しているブランドも少なくない。そんななかでも集めた新作ドイツ時計情報。ぜひ時計選びの参考にしてほしい。

 

JUNGHANS(ユンハンス)
マックス・ビル メガ ソーラー
 ミニマリズムデザインを継承したユンハンスの電波ソーラーモデル。軽量で肌に優しいチタンケースと、植物性なめし処理が施された革ベルトを採用し、快適な着用感を提供している。また、専用のアプリを用いれば、簡単に時刻調整やタイムゾーンの調整が行えるのもポイントだ。
■Ref.059/2020.04。TI(38mm径)。3気圧防水。クォーツ(Cal.J101.85)。15万9500円

【問い合わせ先】
ユーロパッション
TEL.03-5295-0411

 

ZEPPELIN(ツェッペリン)
100周年記念モデル
 伝説の飛行船の誕生100周年を記念したベストセラーコレクション、“100周年記念シリーズ”に日本限定モデルが登場。男ごころをくすぐるタキメーター、テレメーターの複雑な目盛りやドーム形風防、飛行船をイメージした膨らみのあるボンベ型の文字盤はそのままに、優しい印象を与えるアイボリーカラーの文字盤を採用。
■Ref.7686-5。SS(42mm径)。5気圧防水。クォーツ(Cal.Ronda 5030. D)。4万9500円

【問い合わせ先】
ウエニ貿易
TEL.03-5815-3277

 

LILIENTHAL BERLIN(リリエンタール ベルリン)
ツァイトガイスト・オートマチック
 今年のWatch of the Year 2020を受賞した、新鋭リリエンタール ベルリンのツァイトガイスト・オートマチックが、クラウドファンディングサイトのMakuakeにて先行発売される。控えめなインデックスをもつクラシックな顔立ちでありながら、ブラックとブルーという現代的なカラーリングでまとめあげられている。
■Ref.ALL BLACK。SS(42.5mm径)。5気圧防水。自動巻き。12万1000円

【問い合わせ先】
モントルロロイ
TEL.03-5728-5321

 

文◎松本由紀(編集部)

オススメ記事

  1. 【バッグのトップブランドの本気時計!?】あの“ハンティング・ワールド”…

  2. メッシとジェイコブがパートナーシップを締結し、限定ウオッチコレクション…

  3. ビクトリノックスの最上位コレクション、 エアボスに機械式の新モデルが登…

  4. 【限定500本】タグ・ホイヤー カレラから日本限定“ブラック マザー・…

  5. 【換えベルト&バングル付き】“ヴィクトリア・ハイド ロンドン”から、母…

  6. 【小振りな38mmのクッションケース】“オロビアンコ”の新作は、遊び心…

  7. アワード受賞者にランゲの特別モデルを贈呈

  8. 【東京・日本橋で本日開催】第23回 三越ワールドウォッチフェアにドイツ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計