【3万円前後でデイリーに最適】ジャックメイソンから、アーバンアウトドアがテーマの日本別注モデルが登場!

 “JACK MASON(ジャックメイソン)”は、2013年にアメリカ・テキサスの“DeepEllum(ディープエラム)”という、多くのアートベースのビジネスがある街から生まれた新鋭ブランド。

 ファッション感度の高い若者をターゲットに腕時計やレザーグッズを製作し、瞬く間にNFL各チームのアイテムを製作するほどのブランドに成長した。現在では日本でも有名百貨店やセレクトショップ中心に販売を広げている。

 そんなジャックメイソンから、2020年春の新作として日本別注モデルのコレクションが発売された。今回の日本別注モデルはアーバンアウトドアをテーマにしており、パイロットウオッチからインスパイアされた“アヴィエーション”、ミリタリーテイストを感じさせる“フィールド”と2つの人気シリーズから、レギュラーモデルとはひと味違ったモデルをラインナップ。

 フィールドウオッチスタイルのデザインを取り入れることで、デイリーユースからアウトドアシーンまで使用できるスタイルに仕上げられている。

 

Aviation Series(アヴィエーション シリーズ)
 使い込むほどに馴染んでいく厚みのあるベルトと、パイロットウオッチスタイルのクラッシックなフェイスデザインが特徴のアヴィエーション シリーズ。

 日本別注モデルでは、通常とは異なるキャンバス地とレザーを組み合わせたベルトを採用し、よりアウトドアでも使いやすい仕様にアレンジされている。また、大きめに施されたベルトのステッチもポイントのひとつで、ラフな雰囲気が腕元を男らしく演出してくれる。アヴィエーション シリーズは全4種類で展開。

Ref.JM-A101-301。2万5300円

Ref.JM-A102-301。3万6300円

Ref.JM-A101-302。2万5300円

Ref.JM-A102-302。3万6300円

■共通スペック/SS(42mm径)。10気圧防水。クォーツ。

 

Field Series(フィールド シリーズ)
 フィールド シリーズはNATOベルトで展開されるのが特徴。大きめのバーインデックスをレイアウトした文字盤はミリタリーをベースにしつつ、タウンユースにフィットする洗練されたデザインにブラッシュアップされている。

 今回の日本別注モデルは、春夏のファッションとも合わせやすいカーキ色のNATOベルトを採用。ファブリックならではのカジュアルさによって、春先の装いに軽妙なアクセントを加え、心地良く腕元にフィットしてくれる。

Ref.JM-F101-301。2万5300円

Ref.JM-F102-301。3万6300円

■共通スペック/SS(42mm径)。10気圧防水。クォーツ。

 

【問い合わせ先】
マーサインターナショナル
TEL.03-5541-0170
https://www.marsainc.co.jp

オススメ記事

  1. 【ケースバックの“だるま”に願掛け!?】カスタマイズウオッチブランドの…

  2. 70年代のダイバーズからインスパイアされたSPINNAKER(スピニカ…

  3. 【懐かしのゼビウスやパックマンが腕時計に!?】ナムコミュージアムと“ラ…

  4. 【人気コレクションが全国展開開始】発売後即完売したSPINNAKER(…

  5. 【国産機械式腕時計に新たな選択肢】シチズンが11年ぶりに機械式ムーヴメ…

  6. 新作時計を価格別に紹介!【10〜30万円①】

  7. 【小振りな38mmのクッションケース】“オロビアンコ”の新作は、遊び心…

  8. チュードル ブラックベイにGMTモデルがラインナップ

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計