【ユリス・ナルダン新作】氷原と火山、対極の環境を表現した2モデルが登場

 革新的なスタイルが目を引くULYSSE NARDIN(ユリス・ナルダン)のフリークXから、創業の地スイスのル・ロックルにて、新たな2モデルが発表された。

 これまでフリークのモデルを通して、先駆的な革新的技術を発揮してきたユリス・ナルダン。今回の新作は、今年のコレクションの期待を高めるプレビューモデルとなる、ストイックな極地の氷原と、地球を再生させる雄大な火山を表現する二つのモデルを発表した。

 全体的にホワイトカラーでまとめたチタン製のフリークX アイス、溶岩をイメージしたレッドのカーボンファイバーとブラックDLCチタン製を採用したフリークX マグマ(ブティック限定)。最も対局の関係にある自然の驚異を、二つの時計のなかに醸し出すため、ケースの色使いや素材が工夫された。

フリークX マグマ(ブティック限定品)
 フリークX マグマは、超軽量のカーボンファイバーとレッドマーブルのエポキシ樹脂を斬新に組み合わせたケースを採用。ひとつとして同じ模様のものはない超軽量で傷が付きにくいこの時計は、無駄な部分を究極に落としたデザインだ。

 強固な溶岩をスタイリッシュかつ、エレガンスに体現する腕時計。レッドとブラックのコンビネーションにより、火山のように力強く迫力のあるデザインに仕上げられている。

 “ポワン・ド・ブリード”と呼ばれるレッドのステッチとブラックのレザーベルトにフォールディングバックルを付けたこのモデルは、火山岩の黒曜石や火口から流れる溶岩を想起させる。

 またサンドブラスト仕上げとポリッシュ仕上げを施したベゼルと光沢のある滑らかな文字盤のコンビネーションで火山環境を表現。レッドの部分にスーパールミノバを塗布することにより、夜間でも時刻を読み取れるよう、視認性にも工夫がなされている。

 このブティック限定モデルのオープンケースバックからは、同ブランドが誇る傑作自動巻きムーヴメント、UN-230を眺めることができる。

フリークX アイス
 白くて滑らかなチタン製ケースを採用したフリークX アイスには、自動巻きムーヴメント(Cal.UN-230)を搭載。オープンケースバックから眺めることができる。

 ラバーコーティングを施した頑丈で調節可能なホワイトのレザーベルトには、フォールディングバックルを標準装備している。またネイビーブルーのインデックス、ベルトステッチ(ポワン・ド・ブリード)、スーパールミノバは極地の氷原を想起させる。

フリークX マグマ

Ref.2303-270/MAGMA-BQ。TI(43mm径)。50m防水。自動巻き(Cal.UN-230)。日本価格未定(ブティック限定)27,000スイスフラン

フリークX アイス

Ref.2303-270/00。TI(43mm径)。50m防水。自動巻き(Cal.UN-230)。価格未定

【問い合わせ先】

ソーウインド ジャパン(ユリス・ナルダン)
TEL:03-5211-1791
https://www.ulysse-nardin.com

オススメ記事

  1. RADO(ラドー)の新作限定モデル、コンセプトは“フグのトゲ”?

  2. バイコンパックスのクロノグラフモデルを踏襲したSinn(ジン)の新作に…

  3. 【100本限定】発売後2日で完売した、ジャパンブランド“タックス”の自…

  4. 【1万円台で電波ソーラーも買える!?】日常使いに最適な“ソーラーウオッ…

  5. MAURICE LACROIX(モーリス・ラクロア)から“アイコン オ…

  6. エディフィス20周年記念! “Honda Racing”コラボレーショ…

  7. ランドマスター誕生25周年記念の新開発GMTモデル

  8. パリ16区の空気感を表現!アール・ヌーボー様式をオマージュしたユニーク…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計