【ユンハンスの2020年新作第1弾】ブラック&ホワイト仕様でさらに視認性が向上したマックス・ビル最新作

 2020年2月中旬にドイツで行われた時計・宝飾の見本市“インフォルゲンタ”で、ユンハンスの定番シリーズ“マックス・ビル”からニューモデルが発表された。

マックス・ビル クロノスコープ ブラック&ホワイト
Ref.027 4008 05。SS(40mm径)。3気圧防水。自動巻き(Cal.J880.2)。32万4500円

 すでにご存じの人も多いと思うが、まずは改めて“マックス・ビル”とはどういったモデルなのか紹介したい。

 このマックス・ビルとは、ずばり本作のベースとなったモデルのデザインを手がけた著名なデザイナーの名だ。
 後のプロダクトデザインに多大な影響を与えた国立総合芸術学校“バウハウス”でデザインを学んだ同氏は、バウハウスが掲げた“機能に則した形態が最も美しい”とする機能主義デザインを体現したプロダクトデザインを数多く生み出したことから、“バウハウス最後の巨匠”とも呼ばれる人物である。

 そんな彼が1961年にユンハンスのためにデザインした腕時計こそ、今日、展開されているマックス・ビルシリーズの原点である。

 時計として最も重要な要素のひとつである“視認性”を追求し、シンプルで奇をてらったところがないデザインは、まさにバウハウスデザインの極致。そのDNAは今日のマックス・ビルシリーズにも受け継がれ、ミニマルウオッチの筆頭として確固たる地位を確立している。

 さらに手巻き、自動巻き、機械式クロノグラフ、クォーツ、電波クォーツと、ユーザーの好みや予算などにも応じた様々なバリエーションが展開されている点も特筆だ。カラーバリエーションまで含めると、実に80以上ものモデルのなかから好みの1本をチョイスできる。

 

コントラストを効かせたブラック&ホワイト仕様のニューフェイス

 
 さて、それでは今回発表された新作(全4種)の詳細を見ていきたい。

マックス・ビル オートマティック ブラック&ホワイト
Ref.027 4007 04。SS(38mm径)。3気圧防水。自動巻き(Cal.J800.1)。17万3800円

 まず目につくのは、アンスラサイト(無煙炭)カラーのPVD加工が施されたケースが採用されている点だ。これは2019年のリミテッドモデルに採用され、好評を得たケースカラーで、レギュラーモデルとしては初採用となる。

 これに加え、新作では針やインデックスも同系色で統一している点も見逃せない。既存モデルのカラーバリエーションと言ってしまえばそのとおりなのだが、ホワイト文字盤と組み合わせることで、細かいディテールの輪郭がいっそう強調され、従来以上に高い視認性を実現している点は特筆だろう。

 こうしたモノトーンによる表現は特にアートや写真の分野で活用されているが、ファッションとの相性も抜群。スーツスタイルなどにコーディネイトすることで知的な雰囲気を演出してくれるはずだ。

(左)マックス・ビル スモールオートマティック ブラック&ホワイト
Ref.027 4006 04。SS(34mm径)。3気圧防水。自動巻き(Cal.J800.1)。17万3800円
(右)マックス・ビル クォーツ ブラック&ホワイト
Ref.041 4064 04。SS(38mm径)。3気圧防水。クォーツ(Cal.J645.33)。10万5600円

文◎堀内大輔

【問い合わせ先】
ユーロパッション
TEL.03-5295-0411
http://www.europassion.co.jp/junghans/

オススメ記事

  1. ドイツ最強(!?)、衝撃・磁気・水に強い腕時計“DAMASKO(ダマス…

  2. ランゲ・ファーストコレクションに思いを馳せて

  3. ストーヴァの新作を携えシャウアー氏が来日

  4. 【実機レビュー】春夏秋冬を色で表現した日本限定|ノモスの控えめで上品な…

  5. ドイツ時計の魅力を再考する<ユンハンス>

  6. ドイツの時計ブランド“ドゥッファ”からバウハウス100周年記念モデルが…

  7. 【新作】Sinn(ジン)のブルーとアイボリーの配色が魅力のパイロットウ…

  8. 【実機レビュー】1960年代軍用クロノの後継機|往年の名機をオマージュ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計