独立時計師・浅岡肇が手がけるCHRONO TOKYO(クロノトウキョウ)から新作“CLASSIC”が登場

 独立時計師・浅岡肇(あさおかはじめ)氏がデザイン・設計する機械式自動巻き腕時計“CHRONO TOKYO”(クロノトウキョウ)から新作“CLASSIC(クラシック)”が2色発表。時計セレクトショップTiCTAC(チックタック)直営オンラインストアで発売する。

“CHRONO TOKYO” CLASSIC

■Ref.CT003Q。SS(37mm径)。3気圧防水。自動巻き(Cal.MIYOTA 90S5)。100本限定。26万4000円

■Ref.CT003P。SS(37mm径)。3気圧防水。自動巻き(Cal.MIYOTA 90S5)。100本限定。26万4000円

※1/22(水)11時よりオンラインストアのページが開く。1/22(水)の発売数は各色20点の予定だ。
※残数の発売日は確定次第チックタック公式ホームページで案内する。
※TiCTAC update 渋谷パルコ店で現物を見ることができる。

【独立時計師 浅岡肇氏】

 1965年生まれ。1990年東京芸術大学デザイン科卒業。その後フリーランス工業デザイナー。2011年より日本初の独立時計師として活動を開始。2013年よりバーゼルワールド(スイス)に毎年出展。2017年世界巡回展“Watchmakers:The Masters of Art Horology”に参加。顧客は世界のハイエンドマニアであり、その正統的な時計づくりが高く評価されている。AHCI(アカデミー独立時計師協会)会員。


 クロノトウキョウ クラシックの特徴は2トーン仕上げの文字盤。時計の文字盤の表面仕上げは平滑さが求められるので、2トーンに塗り分けるというのはなかなかハードルの高いものになる。
 そこで、文字盤メーカーと入念に打ち合わせをして、メッキと塗装の組み合わせによってイメージどおりの仕上げを得ることが出来たと、浅岡氏は語る。


 今までカーフ製のベルトであったのをクロコダイルに変更。新作のイメージに合うようにあつらえたもので、薄手でありながら、わずかに芯地を入れ、時計本体の品質感にふさわしいものに仕上げた。裏地には汗に強い素材を使い、実用性にも配慮している。

【問い合わせ先】

チックタック公式サイト
https://www.tictac-web.com

オススメ記事

  1. 【新作速報】コルムから、水墨画にインスピレーションを得たオールブラック…

  2. ヴィンテージ感あふれるデザインは必見!“SEIKO(セイコー)”が手掛…

  3. 復刻モデル第4弾! BALL WATCH(ボール ウォッチ)のオールド…

  4. 【アナログとデジタルの融合⁉︎】フォッシルの“BIG TIC”に第3弾…

  5. 【伝説のレーシングマシンRC 162がモチーフ】“EDIFICE(エデ…

  6. 【普通のクロノグラフで満足ですか?】今年の秋は、古典的で洗練された “…

  7. シチズン、カンパノラから13年の時を経て、 独創的な新作パーペチュアル…

  8. 【春夏秋冬、シーズン問わずにガンガン使える】10万円台〜30万円台まで…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計