女性必見! FRANCK MULLER(フランク ミュラー)のホリデーコレクションは情熱的なレッド×ゴールドカラーがポイント

 時計産業の中心地として有名なスイスのラ・ショー・ド・フォンで1958年に誕生した“FRANCK MULLER(フランク ミュラー)”。厚みのあるマスキュリンなフォルムを備えたヴァンガードや、代名詞となった美しい曲線美を描いたトノウ カーベックス、ブランド初のベーシックモデルであるカサブランカなど、数々のコレクションを輩出してきた言わずと知れた実力派時計ブランドだ。

 今回クローズアップしたのは、決して目に見えることのない“愛”をテーマに、情熱的な赤とハートを取り入れたデザインで2007年に誕生した“ハート トゥ ハート”コレクションの新作。これまでのコレクションよりもシックで大人っぽい色合いのニューカラーを採用していることに加え、ふっくらとしたケースフォルムはアール・デコ様式を源泉とし、フランク ミュラーのアイコニックなトノウ カーベックスの曲線美を受け継いでいる。

 元来、人は誰かを愛おしく思う気持ちや感謝の気持ちといった想いを、言葉や形に乗せて相手に伝えてきた。同じように目に見えることのできない“愛”や“時”に対して格別な想いを持ち、慈しむ哲学がこめられているフランク ミュラーは、“ハート トゥ ハート”を通して大事な人と過ごす愛おしい時間のすばらしさを時計に表現し、生まれたのだ。そうした想いを通して、フランク ミュラーは一人ひとりが生まれ持った時間をより豊かに彩ってほしいという想いが込められている。

 発売される最新モデルのひとつであるレッド エナメルモデルには、ゴールドインデックスとシルバーカラーのケースを採用し、どんなシーンにも合わせやすいコンビネーションを実現。数十回にわたる工程により生まれるレッドエナメルの個性が、情熱的な中にも深い暖かさを感じる。もうひとつのホワイト文字盤モデルは、同じくコンビネーションカラーで統一されながらも、光を受けるとギョーシェ彫りのきめ細やかな美しさが強調されるのが魅力的だ。

 両モデルともに、流れるようなケースフォルムとエレガントなビザン数字が特徴となっており、その女性らしいデザインには時間や時代を超えたコンテンポラリーなセンスが貫かれている。文字盤に光の加減によって浮き上がるビザン数字の隠し数字が施されている点も、フランク ミュラーならではの遊び心をセンスを感じさせるポイントといえるだろう。

 

FRANCK MULLER(フランク ミュラー)
ハート トゥ ハート

■SS(31×26mmサイズ)。クォーツ。日常生活防水。59万4000円

 

【問い合わせ先】
フランク ミュラー ウォッチランド東京
TEL.03-3549-1949
https://www.franckmuller-japan.com/

オススメ記事

  1. 【WLN女子部発】月の満ち欠けが美しい“ムーンフェイズ”ウオッチでいつ…

  2. 【WLN女子部発】周りとちょっと差がつく魅力の“黒文字盤”3選

  3. 【WLN女子部発】ホワイトとはひと味違う“寒色系”マザーオブパールの魅…

  4. 【雨上がりに着けたい日本限定カラー】“ドゥッファ”の新作レディースモデ…

  5. 【WLN女子部発】すべてK18ピンクゴールド! CHAUMET(ショー…

  6. 【WLN女子部発】レクタンギュラー(長方形)ならこれがオススメ“厳選3…

  7. 文字盤が布!? バラの刺繍入り!? イギリス発“ヴィクトリア・ハイド …

  8. 初代モデルを復刻した“BABY-G”発売25周年記念モデルが発売

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計