140年以上も続くAUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)の重厚な歴史を五感で楽しむエキシビション ~“時計以上の何か”とは?~

 時計好きなら、もちろんご存じであろう“AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)”。スイスで、いまなお創業者一族によって経営される最も歴史ある高級時計ブランドだ。

 同ブランドがスイス・ジュラ山脈に位置するジュウ渓谷で製造する数々の厳選されたタイムピースは、日本でも高い人気を得ている。“ロイヤル オーク”は、その筆頭と言えよう。

 そんな高い人気を得るオーデマ ピゲだが、時計については知っていても、140年以上もあるオーデマ ピゲの重厚な歴史については、あまり理解していないという方も、実は多いのではないだろうか。そんな方に朗報だ。

 10月19日(土)から11月4日(月・振休)まで、東京・六本木にある“東京ミッドタウン”の芝生広場を会場に“時計以上の何か”と題したオーデマ ピゲのエキシビションが開催されるのだ。このエキシビションでは、オーデマ ピゲの創造的な世界の新体験を、来場者に与えてくれるという。

 エキシビションでは、144年におよぶマニュファクチュールの歴史と、何世代にもわたり型破りなトレンドを生み出すために新たな技術や技法の研鑽を重ね、職人技の追求を続けてきたオーデマ ピゲの職人たちのストーリーが紹介される。

 ほかにも、オーデマ ピゲのヘリテージコレクションから、厳選された歴史的に価値のあるヴィンテージウオッチや現行モデル、また、前衛的なデザインの時計、クロノグラフやグランドコンプリケーション、チャイミング機構やアストロノミカル機構など、ブランドが開発した複雑メカニズムを含む、厳選された150本以上のオーデマ ピゲのコレクションからが展示される。

 五感で楽しむというのは一体どういうものなのか。エキシビションは入場無料なので、この機会に体感してみてはいかがだろうか。

【エキシビション開催概要】

会期  2019年10月19日(土)~11月4日(月・振休)
会場  東京ミッドタウン(六本木)芝生広場
入場料  無料(予約優先、問い合わせ先のリンクから予約可能)
開場時間  11:00~19:30(10月19日(土)は15:00~20:00)(最終受付は閉館の30分前まで)

 

【問い合わせ先】
オーデマ ピゲ 公式サイト
https://www.audemarspiguet.com/ja

エキシビション“時計以上の何か”特設サイト
http://www.beyondwatchmaking.jp

オススメ記事

  1. 【知っておきたい腕時計の基本】“自社製”ムーヴメントに明確な基準はある…

  2. 【グランドセイコー、ザ・シチズンほか】 正統派の“3針&2針…

  3. 11/23・24の両日。GPHGで受賞を果たしたドイツの独立時計師、ス…

  4. 【第1回:エントリー機が揃う10万円台】次に狙いたい予算20万円台まで…

  5. 女性編集者セレクト 腕時計を“着回せ”!  専用工具なしでベルトの付け…

  6. 11月30日から12月16日まで。伊勢丹新宿店メンズ館でオリスフェアを…

  7. “時計の普及活動に命を捧げた苦労人”フランソワ・ペルゴを偲ぶ会に参加し…

  8. 日本未上陸ブランドファイル-03:ニューヨーク発の新鋭、BREW(ブリ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計