MIDO(ミドー)からシリーズ60周年記念限定モデル“コマンダー ビッグデイト リミテッドエディション”を発表

 1959年に誕生したコマンダーコレクションの60周年を記念して、ミドーは“コマンダー ビッグデイト”の限定版を発表。コマンダーが誕生した年にちなんで、世界限定1959本発売する。

 サンレイサテン仕上げのチャコールグレーダイヤルの6時位置に大型日付窓が配されているのが特徴で、文字盤、秒針、ストラッベルトプのステッチにレッドが効いており、レトロで美しく、スポーティな印象をもたらす。

 また12時位置に記念の数字“60”を配し、1959年から作られているアイコニックシリーズの60周年記念モデルであることを示している。

 ミドー専用に開発された自動巻きムーヴメント、キャリバー 80 ビッグデイトは、時計製造の革新的技術により、この価格帯では珍しいビッグデイトと最大80時間のパワーリザーブを実現している。

 また、同シリーズ定番の新作には、ブレスタイプのオールチャコールグレーPVDタイプ(M021.626.33.061.00)もある。

オールチャコールグレーPVD(M021.626.33.061.00)

 

■ マンダー ビッグデイト リミテッドエディション

【M021.626.16.081.00】

オートマチック Mido Caliber 80 (ETA C07.651ベース)、ケース径42㎜、厚さ11.97㎜、ビッグデイト、サンレイサテン仕上げのチャコールグレー文字盤、SSケース、レッドステッチ入りのクロコダイル調ブラックセミマットレザーベルト、SS折りたたみ式留め具、80時間のパワーリザーブ機能、5気圧(50m/165ft)防水。ケースバックに限定シリアルナンバーの刻印。価格:14万1480円、発売中。

■ MIDO(ミドー)

 ジョージ ・シャレンは1918年11月11日、第一次世界大戦の休戦協定が結ばれた日にミドーを設立した。この象徴的な日からミドーは、創業者の明確なビジョンに支えられ前進してきた。
 そして2018年、創業者が作った道を歩み、タイムレスなデザイン、質の高い素材、技術革新という1世紀にわたって形成されたミドーのDNAを守り続け、100周年を迎えた。

 今日、ミドーはスイス・ジュラ渓谷の麓、ル ロックルに本拠地を構えている。ミドーとはスペイン語で“私は計測する”を意味する。創業以来、ミドーの哲学は見た目の美しさ、信頼性そして機能性の融合した時計を発売している。その価値観を象徴的で歴史的な建築物の栄光とも共有している。
 最先端の技術革新、高品質な素材、そして卓越したムーヴメントの3つの柱に加え、ファッションや流行にとらわれない、永続性で洗練された控えめなデザインが魅力だ。

 一世紀の間、ミドーはスイス製機械式時計のベンチマークとなっている。ミドーは現在2700の正規店舗にて70か国で展開しており、ウオッチメーカーの世界的なリーダーであるスウォッチグループの一員だ。

 

【問い合わせ】

スウォッチ グループ ジャパン
ミドー 公式ホームページ
www.midowatches.com

オススメ記事

  1. くろのぴーす氏がスイスブランドのHYTから、限定シグネチャモデルの第4…

  2. 【創業160周年記念】TAG Heuer(タグ・ホイヤー)“カレラ”が…

  3. 【先行発売された北米市場で大ヒット!?】シチズンの最新作“シチズン コ…

  4. 【祝ミドー オーシャンスター75周年】ダイブイベントで1960年代のダ…

  5. 【ブランド史上最長パワリザ!】“セイコー ルキア”から、白蝶貝をベース…

  6. 【初登場のレトロなクッションケースが特徴的】ヘンリーロンドンから70年…

  7. 【2021年新作】グラスヒュッテ・オリジナルの新たな主力ライン、“Se…

  8. 9月1日発!【WLN新作ニュース】50〜100万円

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計