“CREUX AUTOMATIQ(クリュ オートマチック)”より新コレクション“DIAMOND BACK”(ダイヤモンド バック)が日本初上陸

 スイスメイド時計“CREUX AUTOMATIQ(クリュ オートマチック)”から新コレクション“DIAMOND BACK(ダイヤモンド バック)”が日本初上陸した。

 今回発売された“ダイヤモンド バック”はブランドのシグネチャーコレクションである“GHOST(ゴースト)”に見られる特徴的な形状はそのままに、砂漠の捕食者、Diamondback Rattlesnake(ダイヤガラガラヘビ)からインスピレーションを得てデザインされたメタルブレスが採用されている。

 また、すべてのパーツ表面には厚さ0.03ミクロンのPVDクリアコーティングを施すなど、より日常使用に焦点を当てた製品となっている。


 ダイヤモンド バックシリーズのケースデザインは、クリュ オートマチックの代名詞ともいえるスタイル。ベゼルデザインとリューズガードはスリム化されており、40㎜のケースサイズは様々なサイズの手首に快適に装着できる。

 ケースおよびブレスは50mの耐水性を持っている頑丈な316Lステンレススチール製。全てのパーツの表面には0.03ミクロンのPVDクリアコーティングが施されており、日常使用の摩耗から保護している。


 反射防止加工が施されたサファイアクリスタルの下に、シンプルでありながらダイナミックなデザインが施された。ダイヤモンドパターンダイヤルは、真鍮の1枚のシートから細心の注意を払って作られている。

 時間表示と針がスリム化され、時計にドレスウオッチの装いを与え、夜間の鮮やかな視認性を実現するスーパールミノバコーティングが施されている。


 ダイヤモンド バックシリーズはスイス製のCA24-041自動巻きムーヴメントを搭載しており、クリュ オートマチック用にムーヴメント開発者Swisstechによって設計および製造されている。

 ムーヴメントは、約36時間のパワーリザーブを誇り、2万8800振動/時、33石。6時位置のスモールセコンド、デイト表示など、機能性も十分だ。

▼DIAMOND BACK 全3色

CA06 22万6800円

CA07 22万6800円

CA08 23万7600円

ケースサイズ:40x47x10.6㎜
ケース素材: 316Lステンレススチール
ベルト:316Lステンレススチール
バックル:バタフライバックル
ガラス:サファイアガラス(反射防止加工)
防水:5気圧防水
蓄光:スーパールミノバ
ムーヴメント:Swisstech CA24-041
生産国:スイス

▼“CREUX AUTOMATIQ(クリュ オートマチック)”について

 クリュ オートマチックは、アムステルダムで130年以上続くジュエリーメーカー“Culet Jewellery(クレッツ ジュエリー)の新しい事業として ”手軽な価格で高性能の腕時計を製作すること” をコンセプトとして2009年に始まった。

 デザイナーの“ダン ランブル”が率いるチームは、スイスの時計工場で2年間かけてムーヴメントの精度、ケースの製造、そして高品質の時計を構成するさまざまな素材やコンポーネントについて知っていることすべてを学んだ。この知識を基に、彼らは古典的であるだけでなく、現代のデザインの要素を伝えるユニークで前衛的なデザインをまとめた。

 ブランド名は、アウトドアと冒険に情熱を傾けているランブルは、ル・ソリアのスイスの“Creux du Van(クリュ デュ ヴァン渓谷)をハイキングするときに思い付いたもの。スケルトンのムーヴメントと文字盤のおかげで、“Creux(クリュ)”または英語の“hollow(ホロー)”もブランドの最初の時計、“The Ghost CA-01”とマッチした。

 “ゴースト”のケースデザイン(現在はクリュ オートマチックのシグネチャ)は、2009年にランブルのホームワークショップで最初に作られ、堅牢な純銀製のスライバから鋳造された。そして今日に至るまで、そのオリジナルデザインは忠実に守られている。

【問い合わせ】

プリンチペプリヴェ公式オンラインストア
https://principe-prive.com/

オススメ記事

  1. 【そのユニークさに惚れました。】“ラドー”の新作トゥルースクエアとは?…

  2. 【有村架純さんとのコラボレーション】可憐なカスミ草のブーケをイメージし…

  3. 【ケースにグラスファイバーを採用】FRANCK MULLER(フランク…

  4. ツェッペリンの新作は“LZ120”がモチーフ

  5. フランスの時計ブランド“リップ”が、50年代のレトロなクロノグラフを復…

  6. 【新春】金運祈願! 幸福を呼ぶ招き猫をモチーフにしたG-SHOCK(G…

  7. Seiko Presage(セイコー プレザージュ)の代名詞、“琺瑯文…

  8. 【ファーストコレクションは即完売!?】話題の新上陸ブランド、BALTI…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計