注目の新作が何と10万円台から!MAURICE LACROIX(モーリス・ラクロア)のアイコン オート 39㎜が発売開始

スイスの高級時計ブランド、MAURICE LACROIX(モーリス・ラクロア)から、2019年1月、ジュネーブで発表されたアイコンシリーズの新作、アイコン オートマティック 39㎜が5月25日より全国の正規
取扱店で発売を開始する

1990年代にモーリス・ラクロアを代表するモデルとして登場した「カリプソ」。その復刻版として登場した「アイコン」は、2016年にクォーツモデルとして誕生し、2018年には待望の「アイコン オートマティック」が登場した。
一体化した防水ケース、6つのアームをあしらったベゼルなど、オリジナルのDNAを継承したモデルとなっている。

 

人気のアイコン オートマティックが39㎜にサイズダウン!

「アイコン オートマティック」はアイコンシリーズの要であり、2018年の発売以降、多方面から大きな反響を得て、モーリス・ラクロアを象徴とする大人気モデルとなっていた。しかし、欧米人に比べて腕が細めである日本人のアイコンファンからは、42㎜モデルからの小径化を希望する声が多く寄せられていた。

幅広いファンにモーリス・ラクロアの時計を腕にして、時を刻んでほしいというブランドからの思いとともに皆さんの要望に応えるべく誕生したのが『アイコン オートマティック 39㎜』 だ。クル・ド・パリ装飾を施した文字盤、20気圧防水、簡単にブレス&ベルトの着脱・交換が可能なイージーチェンジャブル機能や外装仕上げの良さなど、現行モデルと同様の知覚価値(High Perceived Value)を持ちつつも、小径化を希望するファンの皆様にジャストサイズな39㎜モデルを、ぜひともいち早く手にしてみは?

(右)Ref.AI6007-SS002-430-1
(左)Ref.AI6007-SS001-430-1

(右)Ref.AI6007-SS002-330-1
(左)Ref.AI6007-SS001-330-1

 

■アイコン オートマティック 39㎜【商品仕様】

ケース		SS、ケース径39㎜、ケース厚11㎜
風防		無反射コーティングサファイアクリスタルガラス
ムーヴメント	自動巻き(Cal.ML115)、2万8800振動/時、26石、約38時間パワーリザーブ
機能		時間・分、秒表示・3時位置にデイト表示
防水性		20気圧
文字盤		ブラッシュ仕上げのクル・ド・パリ装飾
ブレス		SS(イージーチェンジャブル機能)
ベルト		カーフレザー(イージーチェンジャブル機能)
バックル		SS製ダブルフォールディングバックル
発売時期		2019年5月25日
価格		21万600円(ブレスレットタイプ)/19万4400円(ストラップタイプ )

 

【問い合わせ】

モーリス・ラクロア(DKSH ジャパン)
www.mauricelacroix.com

オススメ記事

  1. “ユリス・ナルダン”の新作はレッドカーボンファイバー製のスケルトンウオ…

  2. 仏ジャン・ルソーが手がけるG-SHOCK用カスタムベルト

  3. ありがとう慎之助! テンデンスが第3弾コラボモデルを発表

  4. ティソがティソ シースター 1000の新作モデルを発表し、コレクション…

  5. 【高級スマートウオッチ】“タグ・ホイヤー コネクテッド”がリリース!

  6. 【歴代モデル一覧も掲載】いよいよ発売開始!オメガの最新ボンドウオッチ、…

  7. 【予算1万円でこんなに選べる】G-SHOCK、タイメックスほか、コスパ…

  8. 違法銃器を平和の象徴となる腕時計に昇華した、“トリワ”の新作モデル

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計