これからの季節にこそ似合うパネライのルミノール マリーナ|SIHH2019未発表の新作

 4月19日に行われたパネライの新作発表会。去る1月にスイス・ジュネーブで開催されたSIHH(通称ジュネーブサロン)発表モデルを国内でお披露目したのに加えて、SIHH未発表モデルも公開された。

 SIHHで発表された新作がすべてサブマーシブルだったのに対して、今回の未発表モデルはルミノールシリーズが中心で、ルミノール マリーナ、ルミノール ヨット チャレンジの2型に加えて、ロ シェンツィアートのニューバージョンも発表された。ここでは前者二つについて取り上げたい。

 まず、ブレスレットモデルに新しく加わったシルバー文字盤のルミノール マリーナ。ブラック文字盤のイメージが強いパネライだけにとても印象的だった。しかも、単なるシルバーではなくヘアラインのように縦方向に線が施されており、このソリッド感がサテン仕上げのケースやメタルブレスとマッチしてなかなかカッコいい。実際に実機を着けさせてもらったが、これからの季節、ラフなスタイルにいい感じで決まるのではないか。

シースルバックの裏ブタからはCal.P.9010が見られる

 サイズは42mmと44mmの2サイズあり。42mmタイプは10気圧防水だが44mmタイプは30気圧と高い。

INFORMATION
モデル名:ルミノール マリーナ – 42mm
型番:Ref.PAM00977
ケース素材:ステンレススチール
ベルト素材:ステンレススチール
サイズ:ケース径42mm
防水性:10気圧防水
ムーヴメント:自動巻き(Cal.P.9010/パワーリザーブ72時間)
機能:時・分表示、スモールセコンド、日付け表示
税込価格:99万3600円

 


INFORMATION

モデル名:ルミノール マリーナ – 44mm
型番:Ref.PAM00978
ケース素材:ステンレススチール
ベルト素材:ステンレススチール
サイズ:ケース径44mm
防水性:30気圧防水
ムーヴメント:自動巻き(Cal.P.9010/パワーリザーブ72時間)
機能:時・分表示、スモールセコンド、日付け表示
税込価格:100万4400円

 

 

 もう一方のルミノール ヨット チャレンジは、パネライが主催するクラシックヨットのレース“パネライ クラシックヨット チャレンジ(PCYC)”にちなんだコレクション。

ブラックセラミックケースに裏ブタはDLCコーティングを施したチタン製というRef.PAM00788。税込価格:187万9200円

 そのため文字盤6時位置にはブルーで“PCYC”がプリントされ、外周部には時速を確認できるタキメーターではなく舟艇の平均速度をノット単位で計算するスケールが付いているのが特徴だ。そして、裏ブタにはクラシックヨットのレリーフも刻まれている。

 ここで取り上げたチタンとブラックセラミックの2タイプのほかに、パネライ独自のゴールドテック(18金、プラチナ、銅の合金)素材を使ったゴールドモデルもラインナップする。ちなみにゴールドモデルはシースルーバック仕様。

INFORMATION
モデル名:ルミノール ヨット チャレンジ – 44mm
型番: Ref.PAM00764
ケース素材:チタン
ベルト素材:ラバー
サイズ:ケース径44mm
防水性:10気圧防水
ムーヴメント:自動巻き(Cal.P.9100/毎時2万8800振動/パワーリザーブ72時間)
機能:時・分・秒表示、スモールセコンド、フライバッククロノグラフ(12時間積算計)、文字盤外周部に舟艇の平均速度をノット単位で計算する目盛付き
税込価格:157万6800円

(文◎菊地吉正)

パネライ https://www.panerai.com/ja/

オススメ記事

  1. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.06】リシャール・ミル…

  2. 【ケースバックの“だるま”に願掛け!?】カスタマイズウオッチブランドの…

  3. 【プレゼントにも最適!】カスタムオーダーウオッチの“ルノータス”から新…

  4. 【シチズンの新作は登山がモチーフ!?】“エコ・ドライブ アルティクロン…

  5. 不滅の人気を誇るRICHARD MILLE(リシャール・ミル)定番モデ…

  6. ドイツを代表するライカ社が腕時計を発表

  7. ついにアンダー40mmを実現! セイコー アストロンから世界最小キャリ…

  8. 【ケースの中身まで実機レビュー】名機レマニア5100の系譜を継ぐ、“ダ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計