DKSHジャパンがベルギーの時計ブランド、レッセンスの取扱いを開始

革新的技術が生み出す機能と心地良さが魅力
ベルギー・アントワープデザインの個性派

DKSHジャパン株式会社は、ベルギーの時計ブランド、RESSENCE(レッセンス)との総代理店契約を締結し、2019年1月1日より同社製品の日本での取扱いを開始する。

ベルギー出身の工業デザイナー、ベノワ・ミンティエンス(Benoit Mintiens)によって、2010年に創立されたレッセンス。ブランド名はRenaissance(ルネッサンス)とEssence(エッセンス)の二つの言葉を融合させた造語だ。

ベノワ氏はこれまで、高速鉄道や航空機のキャビン、医療機器、猟銃などのデザインに携わってきた経験があり、時計師としては特殊な経歴による独自の哲学を持っている。彼がデザインする時計は過去(昨日)の経験をベースに、現在(今日)の製造技術で、未来(明日)のために生み出すというのがコンセプト。伝統的な時計製作のアプローチとは全く異なる構造の時計は、ベルギーのアントワープでデザインされ、スイスのフルリエで作られている。

レッセンスが生み出す時計は、単に時刻を知るためのツールではなく、ベノワ氏の“FormFollows Function(使う人の気持ちに寄り添うデザインと機能)”という考え方から“使って心地よい”“読み取りやすい”“付け心地が良い”など、機能面からデザインが作り出される。デザインの中心には常にユーザーがおり“人々は何を必要としているのか?”が時計製作の原点となっている。その結果、針がない、リューズがない、ブランドロゴがない、クオーツを使用しない、小石のような丸みがあるといった点がデザインの主要要素に。また、レッセンスは洗練された流体デザインやディスクによる時間表現だけではなく、内部に従来の時計にはない革新的な技術が隠されているのも特徴となっている。

レッセンスの創業者。ベルギー出身の工業デザイナー、ベノワ・ミンティエンス(Benoit Mintiens)

 

レッセンスのフラッグシップコレクション、タイプ1

 

 

【問い合わせ】
レッセンス(DKSHジャパン)
☎︎ 03-5441-4515
レッセンスの公式サイトはコチラ

オススメ記事

  1. ハブリング2のフェリックスから新作クロノグラフが登場

  2. ジブリの名作『紅の豚』がSEIKO(セイコー)とコラボレーション!

  3. 予算3万円! 編集部:船平のカジュアル時計レビュー/脱メタボ、ダイエッ…

  4. KARL-LEIMON(カル・レイモン)から、ついに待望の新作! ファ…

  5. この季節にピッタリ! ジャパンブランド“タックス”から春をイメージした…

  6. 発売後即完売した、TiCTAC(チックタック)のセイコー別注モデルが再…

  7. 【日本の“桜”がモチーフ】北欧の新鋭“ヴェアホイ”の新作ウッドウオッチ…

  8. 編集部が選んだ買いのダイバーズ7選/CITIZEN(シチズン)

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計