予算5万円台まで、価格別で編集部が厳選した“いま買いの腕時計”

tg23_020_023_扉導入-4
現在発売されている時計のなかから、編集部で確認したオススメモデルを紹介する特集記事の第4弾。カジュアルウオッチとしてはやや高額な部類といえる3万円台〜5万円台の腕時計。作りに妥協を許さずに高品質な時計を生み出す新鋭ブランドから、スイスの老舗ブランドまで、実力派ブランドが手掛けた入魂のモデルを紹介。

高級感はディテールの作りと素材選びで決まる

カスタム時計の急先鋒として急速に注目度を高めているアンダーンは、ユーザーが自由にパーツを組み合わせて時計をオーダーできるカスタマイズウオッチブランドだ。
使われているパーツはかなり高品位なものが揃い、特にグラデーション塗装の文字盤は職人の手作業によるもので、クリアで深みのあるトーンが出色の出来映え。銅の板から文字盤の原型を打ち抜くとことから、全部で12工程をかけて自社製造され、インデックスも職人がハンドセットするというから、その品質へのこだわりは並ではない。
同社のカスタムオーダーには高級機並みの機械式ムーヴメントもラインナップされており、年季の入った時計ファンも納得させるレベルにあるのでぜひウェブサイトをチェックしてみてほしい。

0205_9630
UNDONE(アンダーン)
ミスティーク エクリプス

高級時計のリペアやカスタマイズも手がける香港の時計師、マイケル・ヤンが創立したブランドで、最大13億通り(AQUAシリーズ)もの組み合わせから自分好みの文字盤やケースを組み合わせてカスタマイズが楽しめることで急速にシェアを拡大している。
このミスティークはすでにアセンブリーされていてカスタマイズ不可のフライバッククロノグラフだが、そのディテールは目の肥えた時計ファンをも唸らせるクオリティだ。
アンティークを思わせるステップベゼルに、職人が手作業で塗装したグラデーションダイヤルを合わせたデザインはプレミアム感があり、交換用レザーストラップも付属する。
0205_9681
安価な時計にありがちなプレス装飾ではなく、旋盤で同心円の装飾を施したインダイアル。塗装と研磨を重ねることで均質的でクリアな色合いに仕上げたグラデーションダイアルも美しい。

《タイムギア編集部のレコメンドポイントは?》
オーバークオリティを実現したグラデーション文字盤に注目です
0205_9743
ドーム風防からケースまで、丸みを帯びたフォルムがエレガントな印象を醸します。何といっても魅力的なのが、全12工程に及ぶ加工を自社工房で施して仕上げたグラデーションダイアル。クリアな質感と美しい色合いを備えた文字盤は、まずこの価格帯ではお目にかかれないクオリティを備えています。
pw22596
ケースの厚さは13mm。ベゼルと裏ブタでヘアライン仕上げのミドルケースを挟み、サイドからの美観を考慮したこだわりのデザインです。

FUNA_MG_9964
編集長:フナヒラ

■ステンレススチールケース。レザーストラップ。ケース径40mm。3気圧防水。クォーツ。3万9000円

【問い合わせ先】
アンダーン ジャパン
アンダーンの公式サイトへ

 

高級感を醸し出す大人のギミックウオッチ

ジ エレクトリシャンズの時計はかなり主張の強いメカニカルデザインで、しかも全体が発光するというギミックも面白い。
ただし、単に個性的なだけでなく、ケースやレザーストラップの質感や、ボリュームのあるボタン類などは、じっくりとデザインと素材が吟味され時計としての品質を考慮しているのがわかる。ギミック時計はデザイン先行でガジェット感が強くなりやすいが、チープにならないように素材の質感にこだわり、オトナでも着けられる高級感を獲得しているのだ。
オフタイムのお供として楽しく使いこなしたい1本だ。

0205_9647
THE ELECTRICIANZ(ジ エレクトリシャンズ)
モカズ

電気の概念を再構築する“エレクトリック・ラグジュアリー”というコンセプトを掲げたブランドで、スイスのデザイナー、ローレン・ルーフェナハトが創設。スケルトンの文字盤が電気で発光するというユニークさで話題を集めている。
時計が透けて見えるスケルトン文字盤は非常にメカニカルで、光によって表情を変える様はサイバーパンクファンにはたまらないギミックだろう。スポーティーなデザインなのでオフタイムに使って気分を盛り上げたい。
0205_9689
MOKA 1
メカニカルな雰囲気を全面に押し出した文字盤デザイン。発光するとかなりインパクトがある。

《タイムギア編集部のレコメンドポイントは?》
メカニカルなデザインと絶妙な色使いにやられました
0205_9742
かなり大きめの45mmケースを採用しているのですがナイロンケースは軽量なのでストレスなく着けることができます。ブラックのナイロンケース、ブロンズカラーベゼル、ブラウンレザーのNATOストラップと、色合いを合わせたデザインにより、個性的でありつつ、高級感のある雰囲気なのも魅力です。
pw22597
マットな質感が印象的なナイロンケースは見た目の印象よりもかなり軽い着け心地がポイント。ブロングカラーPVDを施したボタンが独特の質感を生み出しています。

SATO_DSC5332
編集部:佐藤

■Ref.ZZ-A1C/02。ナイロンケース。レザーNATOストラップ。ケース径45mm。3気圧防水。クォーツ。5万1840円(一般販売価格)

【問い合わせ先】
オールージュ(☎︎03-6452-8802)
ジ エレクトリシャンズの公式オンラインショップへ

 

 

0205_9806
RICHARDT MEJER(リチャードメイヤー)
シグネチャーコレクション

伝統的な時計デザインを掘り起こし、デンマーク流のデザインで現代的な息吹を吹き込んだタイムピースを送り出しているリチャードメイヤー。
このシグネイチャーは同社の最初のコレクションで、ラグが一体化されたクッションケースやシンプルな文字盤、ルミノバ塗装された針など、随所にいにしえの時計に対する敬意がうかがえる。ムーヴメントはRONDA製、ストラップはオーストリアから取り寄せたカーフを使うなど、それぞれの素材には強いこだわりが感じられ、そのコストパフォーマンスは高い。
シンプルなデザインだが、そのなかにも卓越した個性が光るモデルといえよう

《タイムギア編集部のレコメンドポイントは?》
北欧シンプルデザインとミリタリーの無骨さが融合
0205_9741
腕に納まりの良い38mmサイズですが、金属の重厚感と質感を生かした無骨なケースデザインのため実寸以上にインパクトは強烈。北欧らしい洗練されたミニマルデザインと、ミリタリーウオッチからインスパイアされた無骨な作りの組み合わせが、男心をくすぐってくれます。
pw22598
一見しただけではわかりませんが、ケースはわずかにカーブを描き、12時位置と6時位置の風防が厚くなるようにデザインされています。金属の塊をケースの形に削り出したような無骨さを醸しつつ、ギリギリのバランスで曲線的なフォルムを取り入れたあたりもデザイナーのマニアックな熱意が感じられます。

FUNA_MG_9964
編集長:フナヒラ

■ステンレススチールケース。レザーストラップ。ケース径38mm。5気圧防水。クォーツ。5万2920円

【問い合わせ先】
LIKESTRADING LLC.
ライクストレーディング合同会社
リチャードメイヤーの公式サイトへ

オススメ記事

  1. セイコー プロスペックスからタウンユースに最適な新作が登場

  2. 日本を代表するパルクールとヘディスの2選手をZIIIRO(ジーロ)がサ…

  3. スイスの老舗ブランド“アルピナ”が手がける、スマートウオッチの新機軸

  4. プロトレックスマートの新作は、最大3日間のカラー地図とGPS利用が可能…

  5. “Luminox (ルミノックス)”から創業30周年を記念した新作モデ…

  6. 【バウハウスデザインのダイバーズ!】ドイツブランド“DUFA(ドゥッフ…

  7. “暮しの手帖”の初代編集長、花森安治氏の挿絵を生かしたオリジナルウオッ…

  8. コペンハーゲンの街からインスパイアされた“グリーンカラー”の新作が登場…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計