チュードル ブラックベイにGMTモデルがラインナップ

PowerWatch WATCH NEWS|TUDOR/チュードル/BLACK BAY GMT/ブラックベイGMT

ロレックスのGMTマスターⅡのスチールモデルに待望の青赤ベゼルが新たに追加された今回のバーゼルワールド。何と驚くことに、チュードルからも青赤ベゼルのGMTモデル、ブラックベイGMTが発表された。素晴らしい完成度を見せつけた新GMTマスターⅡに対して、このブラックベイGMTは、クラシカルなディテールにこだわり、皮肉にもかつての本家GMTマスターを彷彿させる雰囲気なのが実に面白い。

ブラックベイは2012年から展開するダイバーズウオッチのラインである。モチーフになっているのは1954年にチュードルのダイバーズウオッチとして、ロレックスと同じサブマリーナ名でリリースされたチュードル サブマリーナだ。このブラックベイに使われている特徴的な時針は、69年に登場したチュードル サブマリーナの第2世代から採用されたもので、海外では「スノーフレーク(雪の結晶)」、日本の愛好家の間ではイカに見えることから「イカ針」の愛称で呼ばれ、この時針をもつモデルを「イカサブ」と呼ぶ。つまり当時のチュードル サブマリーナを象徴するアイコンが再現された人気コレクションというわけだ。

今回のGMTモデルは、言わばこのダイバーズモデルの派生機にあたる。そのため200m防水を備え、防水性能はGMTマスターⅡよりも高い設定となる。ちなみに、かつてのチュードル サブマリーナ時代にGMTモデルは存在しない。あくまでもブラックベイのバリエーションとして作られた新コレクションだということを、付記しておきたい。ムーヴメントには、シリコンバランススプリングを採用した自社開発の自動巻きムーヴメント、Cal.MT5612にGMT機能を加えたCal.MT5652を搭載。70時間のロングパワーリザーブを誇る。

さて、このブラックベイ GMTだが、魅力をひと言で言うと、本家よりも60年代当時のGMTマスターらしい点だ。現物を見たわけではないので、あくまでも写真資料からの見解だが、ベゼルのインサートにアルミニウムリングが使われているためブルーとワインレッドの発色も抑えられ、さらにアラビア数字のクラシカルなフォントによって、往年の雰囲気が強調されている。さらにブレスレットには50年代半ばから60年代半ばまでロレックスのスポーツモデルに採用(もちろんチュードルにも)されていた折り畳み式リベット付きブレスレットを再現しているなど、全体の雰囲気としてはかなりいい感じに仕上がっているのではないだろうか。その意味では、今年の注目の1本になることは間違いないだろう。(文・@kikuchi)

PowerWatch WATCH NEWS|TUDOR/チュードル/BLACK BAY GMT/ブラックベイGMT


ブランド名


TUDOR/チュードル

モデル名


ブラックベイ GMT

型番


Ref.79830RB

ケース素材


ステンレススチール(アルミニウムベゼルリング)

ベルト素材


ステンレススチール

サイズ


41㎜径(ケース厚不明)

防水性


200m防水

ムーヴメント


自動巻き(Cal. MT5652、約70時間パワーリザーブ)

税込み価格




機能・特記事項


デイト表示、24時間盛り付き双方向回転ベゼル、COSC認定クロノメーター

オススメ記事

  1. 【2020年秋冬のトレンドカラー!?】 “グレー文字盤”採用モデルを、…

  2. 【究極の選択!?】オリエントスターの新作、ダイバーズとモダンスケルトン…

  3. ガーミンとビームスがコラボ、GPS機能搭載のランニングウオッチから限定…

  4. エナメル文字盤を備えつつ価格を抑えた、“ノモス”の新たなスタンダードモ…

  5. アーティアのスケルトンウオッチ最新モデルが発売開始

  6. 新作時計を価格別に紹介!【50〜100万円①】

  7. 【新作は“映える”時計?】エンジェルクローバーの人気コレクションにダウ…

  8. 【ビジネスシーンでも活躍】ハミルトンの人気コレクション、“ジャズマスタ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計