A.ランゲ&ゾーネの世界1本限定がフィリップスで競売に!


Steel


A.ランゲ&ゾーネの世界1本限定がフィリップスで競売に出品。

以前のブログで、昨年1月に逝去された4代目当主にして、ランゲ再興の立役者でもあるウォルター・ランゲ氏へのオマージュとして発表された、1815“ウォルター・ランゲへのオマージュ”という新コレクションについて紹介しました。そして、そのなかでそれをベースにした世界で1本だけという特別モデルが作られるという話しにもちょこっと触れましたが、その詳細が決まったようなのであらためてお伝えしたいと思います。

 

この特別モデル、何が特別かというと、文字盤がブラックエナメル仕上げなのもそうですが、一番はスチール製ケースを採用している点です。スチールといえば、時計としてはごくあたりまえの素材ですよね。しかしながら、すべてのコレクションのケース素材にゴールドやプラチナといった高級素材だけを使うA.ランゲ&ゾーネにいたっては、逆に極めて異例のことなのであります。


ではどうやって販売されるのか。それはジュネーブにあるオークションハウス「フィリップス」(Phillips in Association withBacs & Russo)で2018年5月12~13日に開催されるオークションに出品されるとのこと。

A.Lange & Söhne - SIHH 2018 Geneva - Ben Gierig - Fotografie

このオークションを取り仕切る、時計専門家として有名なオーレル・バックス氏(中央)と、A.ランゲ&ゾーネ本社CEOのヴィルヘルム・シュミット氏(右)。

 

世界でたった1本ですからねぇ〜。
世界中の時計愛好家、垂涎の的になることは必至!
さてさて、どんなハンマープライスとなるのやら。。。
ちなみに、この競売での収益金は、心身に障害を持つ青少年の支援活動を世界中で展開しているチルドレン・アクション財団に寄付され、同財団で外科医療プログラムに役立ててもらうとのことであります。

 

すばらしい!

 

 

kikuchiのいまどきの腕時計考

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」、近年では女性向けウオッチマガジン「ワッタイム」と、時計関連の雑誌を次々に生み出す。最近はアンティークウオッチのテイストを再現した時計、SHC(ゾンネ・ヒストリカルコレクション)の企画・監修も行っている。

 

オススメ記事

  1. 【各15本のみ】総編集長・菊地が80年代デッドストックのスイス製手巻き…

  2. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.02】エルメス

  3. 【ロレックス】通信 No.038|サブマリーナデイトは、なぜ多くの支持…

  4. 【実機レビュー】10万円台で買える話題の70年代レトロダイバー、これか…

  5. 【ロレックス】通信 No.052|モデルチェンジ候補・第5弾|不思議な…

  6. 【第14回】ポストヴィンテージ時代の腕時計|2度見必至!70年代を象徴…

  7. 菊地の【ロレックス】通信 No.087| 人気の70年代ラグスポ風ケー…

  8. 【ロレックス】通信 No.020|新旧デイトジャスト36を実機で比較し…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計