アンティークのデイトナが蘇る!?


_DSC0359


アンティークロレックスファンに朗報?


さて今回は、久しぶりということでちょっとディープな話題をひとつ。それは、アンティークロレックスの修理・オーバーホールをスイス本国のロレックス・ジュネーブが受け付けるという話しです。ロレックス好きの方なら「えっ」と思われる方も多いのでは。。。。

IMG_2887
それもそのはず。ロレックスで修理やメンテナンスを受けられるのは、これまでは1970年代以降(主に5桁レファレンス以降)のモデルのみと言われていたからです。実はこれ、各国のブランチが定めた基準らしく、実際のところスイス本国のロレックス・ジュネーブでは、1930年代のアンティークモデルであっても修理やオーバーホールを受け付けているというのです。しかも、希望があればケースなどパーツ類の交換から、それがなければワンオフで新たに作ってもくれるというからスゴイじゃありませんか。

 

ただ、大々的にPRしているわけでもなく、また直接依頼するには指定業者を通さないとならないということもあり、ほとんど知られていないらしい。

 

ちなみに、上に掲載したロレックスファン垂涎の手巻きデイトナ、Ref.6263は、都内にあるアンティークショップのオーナーがそのサービスを実際に利用し、オーバーホールに加えて、オプションでケースと針のみ当時の新品に交換し、デッドストック級の状態に蘇らせた個体であります。

 

アンティークらしさという点では、いろいろ考え方はあると思うのですが、新しくなるといっても、現行品の針ではなく、当時のデッドストック品なのでオリジナルといえばオリジナル。しかも新ケースの場合は防水性能も100mになるなど、さらに長く愛用できるという点では、もし予算的にゆるされるのであれば、かなり魅力的なのではないかと思うのであります。

_DSC0361

●文字盤のコンディションが良かったため、針のみを当時のデッドストック品に交換してもらっている(POWER Watch No.94/写真:笠井 修)

_DSC0371

●ケースが変わったのでシリアルも863xxxxから449xxxxの新しい番号が与えられている。ギャランティーカード自体も新しくなってシリアルも新番号が記載(POWER Watch No.94/写真:笠井 修)

 

ちなみに、実際の料金や詳細など詳しい記事は現在発売中のパワーウオッチ最新号(7月号)に掲載しておりますので、ぜひ本誌をご覧くださいませ。m(_ _ )m
●Amazon

 


@kikuchiのいまどきの腕時計考


菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」、近年では女性向けウオッチマガジン「ワッタイム」と、時計関連の雑誌を次々に生み出す。最近はアンティークウオッチのテイストを再現した時計、SHC(ゾンネ・ヒストリカルコレクション)の企画・監修も行っている。

オススメ記事

  1. 【ロレックス2020年新作】レディース・デイトジャスト31の変更点とは…

  2. 【実機レビュー】ほどよいサイズ感と古典的な意匠。レトロ感満載の“チュー…

  3. 【第13回】ポストヴィンテージ時代の腕時計|ロレックスの魅力を残す回転…

  4. 【動画】GERMAN WATCH.jp の編集長が語る!「ドイツ時計産…

  5. 「そう言えばあったなぁ〜」。2000年代初頭に注目された懐かしの時計た…

  6. 【Chrono24は信頼できるのか?】総編集長・菊地吉正が世界最大の高…

  7. 【ロレックス】通信 No.033|新型コロナの影響か、最大17万円の下…

  8. 【実機レビュー】何と文字盤をも自製するドイツの高級ブランド“グラスヒュ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計