人間の手で製作された最も複雑な時計

編集部、佐藤です。

突然ですが、人間の手で制作された最も複雑な時計、ってなんだかご存知ですか?

Henry Graves Supercomplication

それがコレ。
随分前にニュースにもなっていましたが、ヘンリー・グレーブス・スーパーコンプリケーションです。
パテック フィリップがニューヨークの銀行家だったヘンリー・グレーブス氏から1925年に受注し、完成までに8年の歳月を要したという超絶コンプリケーション で、発注者の名前から、ヘンリー・グレーブス・スーパーコンプリケーション(Henry Graves Supercomplication)と呼ばれています。
パーペチュアルカレンダーやムーンフェイズ、パワーリザーブインジケーター、サイディリアルタイム(恒星時)表示、日の出・日の入りの時間表示、さらにニューヨーク夜空表示などなど、24の機能をてんこ盛りしたまさにスーパーコンプリケーション。聖杯(Holy Grail)の異名をもつと時計マニア垂涎の逸品です。1999年にオークションに登場した際は1100万ドル(約11億1500万円)で落札されたといわれるこのモデルですが、今のエスティメートでは1200万ユーロ(約16億5000万円)と言われています。
今年の11月14日にスイス・ジュネーブで開催されるサザビーズのオークションで出品されるみたいですが、一体いくらで落札されるんでしょうか?

オススメ記事

  1. いま、時計はやっぱりスペインが熱いのか!?

  2. 9周年プレゼント!

  3. 時計が欲しい! けど・・・

  4. なんでもランキング裏話(今回は長いよ!)

  5. 死ぬかと思った。。。

  6. 何だかな〜。

  7. 激レアモノが大集合!

  8. スマートウオッチはもうおしまい?

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計