何とかならないんでしょうか?

編集部の佐藤です。
つい数日前のことですが、非常に残念な情報を目にしてしまいました。

何が残念かというと・・・
以前本誌やブログでも紹介している「Volna(ヴォルナ)」に関してであります。
↓こちらがそのヴォルナの腕時計であります↓
Volna_Chrono_Typhoon.jpg
ヴォルナはその個性的過ぎるルックスにひと目で度肝を抜かれてしまい、個人的に非常に気になる腕時計の1つ。
メカメカしいそのデザインに妙に惹かれてしまい「日本に上陸しないのかな」と、ひそかに期待を寄せていました。
・・・が、なんとそんなヴォルナが、経済的な困難を理由にブランドの存続ができなくなってしまったようなのです。
実物を見ることもかなわないうちに。
個人的な意見ですが、腕時計はもうブランドネームやスイスメイドというだけではユーザーの心には届きません。それぞれに独自性のあるコンセプトやスタンスを打ち出しつつ、ユーザーに対して明確な価値を提供できるようなものでないとなかなか購入意欲は湧いてこないと感じます。そういった意味では、ヴォルナの腕時計はデザインにおいては抜群の個性という明確な価値をユーザーに対して提供してくれている魅力的な時計に感じるわけです(価格帯はイマイチ不明ですが・・・)
う〜ん、何とも残念・・・。何とかならないのでしょうか。

オススメ記事

  1. 欲しい〜〜〜!!

  2. トゥールビヨンが夢の2万円台!?

  3. 悪魔の囁き

  4. デイトナが安い ((((;゚Д゚))) !

  5. 激振!

  6. 掘り起こせば、意外とあります!

  7. 変革する!? ロレックスとチュードル

  8. モバードのクロノメーター

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計